伊藤は中国との準決勝 W杯3位の成績上回れるか<卓球・ITTFファイナル3日目見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:日本勢で唯一の準決勝進出を決めた伊藤美誠/提供:ittfworld

国際大会 伊藤は中国との準決勝 W杯3位の成績上回れるか<卓球・ITTFファイナル3日目見どころ>

2020.11.21 文:ラリーズ編集部

<ITTFファイナル 11月19日~22日 中国・鄭州>

20日、ITTFファイナルは大会2日目を迎え、男女シングルスの一回戦の一部と準々決勝が終了。ベスト4が出そろった。

20日が初戦となった丹羽孝希(スヴェンソン)は中国の林高遠(リンガオユエン)に敗れ1回戦敗退。伊藤美誠(スターツ)は1回戦で杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)を、準々決勝では王藝迪(ワンイーディ・中国)を下し、21日に行われる準決勝へとコマを進めた。

>>【速報記事】伊藤美誠、中国越えで4強入り 通算1勝3敗の世界ランク12位撃破

大会2日目総括


写真:丹羽孝希/提供:ittfworld

丹羽孝希は1回戦で同じくサウスポーの林高遠と対戦した。日本選手が続けて初戦で姿を消すなかで、日本代表としての意地を見せたかった丹羽だが、試合は中国の左腕が圧倒。丹羽はゲームカウント0-4とストレート負けを喫した。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

伊藤美誠は1回戦、Tリーガー杜凱琹との試合をゲームカウント4-1で突破し、王藝迪との準々決勝に臨んだ。通算1勝3敗と過去の対戦成績では負け越している相手だったが、この試合をフルゲームの末に制し、日本勢唯一の4強入りを決めた。

男女ともに4強が出そろい、女子は伊藤を除く3選手が中国勢。男子は張本を1回戦で下した張禹珍(チャンウジン・韓国)が同じく1回戦で丹羽を下した林高遠を下して準決勝進出。男子4強の残る3選手は、こちらも中国勢が固めた。

伊藤は決勝進出をかけて王曼昱との一戦

大会3日目の21日は、男女シングルスの準決勝、計4試合が行われる。

準決勝組み合わせ

女子シングルス
陳夢(チェンムン・中国)-孫穎莎(スンイーシャ・中国)
伊藤美誠(日本)-王曼昱(ワンマンユ・中国) 

男子シングルス
樊振東(ファンジェンドン・中国)-張禹珍(韓国)
馬龍(マロン・中国)-許昕(シュシン・中国)


写真:準決勝で伊藤と対戦する王曼昱(中国)/提供:ittfworld

日本勢として唯一3日目に勝ち残った伊藤美誠は、W杯越えの2位以上をかけて準決勝に臨む。対するは中国の王曼昱。過去の対戦成績では伊藤の2勝8敗だが、直近では19年10月のスウェーデンOPで対戦し、伊藤が4-1で勝利している。準々決勝に続いて中国を連破し、22日の決勝戦進出となるか。20歳の“大魔王”に期待が高まる。

準決勝もう一方のカードは、10日に行われた女子W杯決勝の再現となった。その時は陳夢がゲームカウント4-1で勝ったが、孫穎莎がリベンジを果たすか、注目だ。


写真:今大会が再開初戦となる許昕(中国)/提供:ittfworld

男子では、W杯に出場しなかったため今大会が“再スタート”となる許昕が、決勝進出をかけて馬龍との同士討ちに臨む。

また、W杯に続いて2大会連続優勝を狙う樊振東は準決勝で張禹珍と対戦する。張は1回戦で張本智和(木下グループ)を、準々決勝で林高遠をともに4-3で下して勢いに乗っている。中国勢以外で唯一の4強入りとなった張がまたしても中国選手を下すか、注目の一戦だ。

ITTFファイナル2日目 日本選手の結果

男子シングルス1回戦

丹羽孝希 0-4 〇林高遠(中国)
9-11/3-11/4-11/9-11

女子シングルス1回戦

〇伊藤美誠 4-1 杜凱琹(中国香港)
13-11/6-11/11-6/11-5/11-6

女子シングルス準々決勝

〇伊藤美誠 4-3 王藝迪(中国)
6-11/11-8/11-13/11-4/11-7/7-11/11-5

>>伊藤美誠が3位 女子W杯の報道記事はこちら!!

男子ランキング
2021.01.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt