伊藤美誠、中国越えで4強入り 通算1勝3敗の世界ランク12位撃破<卓球・ITTFファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

国際大会 伊藤美誠、中国越えで4強入り 通算1勝3敗の世界ランク12位撃破<卓球・ITTFファイナル>

2020.11.20 文:ラリーズ編集部

<ITTFファイナル 11月19日~22日 中国・鄭州>

20日、ITTFファイナルは大会2日目を迎えた。1回戦を勝ち上がってきた伊藤美誠(最新世界ランキング2位・スターツ)は、王藝迪(ワンイーディ・同12位・中国)をゲームカウント4-3で下し、勝利を飾った。

この結果、日本勢で唯一勝ち残っている伊藤がベスト4に入った。

>>早田ひなと伊藤美誠の“みまひな”ツーショットに「可愛いすぎる」の声

日本勢唯一の勝ち残り伊藤美誠

男女各16選手によるトーナメントが行われるITTFファイナルは、各国のトップ選手のみが参戦しておりハイレベルだ。

初日の19日では張本智和(木下グループ)、石川佳純(全農)含む日本勢4選手が、2日目の20日には丹羽孝希(スヴェンソン)が初戦で姿を消し、伊藤以外日本勢は勝ち残っていない。

唯一の日本選手として伊藤は、中国の23歳・王藝迪に挑んだ。


写真:王藝迪(ワンイーディ・中国)/提供:ittfworld

通算1勝3敗の王藝迪に伊藤が挑んだ

王藝迪は、パワフルな両ハンドを武器にしており、2019年には香港オープンで日本の石川佳純(全農)、伊藤らを破り優勝を果たしたこともある実力者だ。伊藤は王藝迪に対して通算1勝3敗と負け越している。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

伊藤は、今回の試合でも第1ゲームを奪われ、嫌な流れだったが、第2ゲームを制し、互角の展開に持ち込む。

第3ゲームも先にゲームポイントを奪われたところから追いつきデュースに。しかし、王藝迪がバック対バックの高速ラリーを制し、第3ゲームを13-11で奪取した。


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

これで流れが王藝迪に行ってもおかしくないところだったが、世界ランク2位の伊藤が怒涛の攻めで、第4ゲームを11-4で奪い返す。

第5ゲームもチキータからの展開に勝機を見出した伊藤が、レシーブで得点を重ね、サービスエースも量産。11-7で第5ゲームをとり、ゲームカウント3-2と勝利に王手をかけた。

フルゲームにもつれこんだ試合は、チキータからの展開で序盤突き放した伊藤に軍配。最後は笑顔でガッツポーズを見せた伊藤が中国越えを果たし、ベスト4に進出した。

勝利した伊藤は、準決勝で王曼昱(ワンマンユ・同5位・中国)と対戦する。

試合結果

〇伊藤美誠 4-3 王藝迪(中国)
6-11/11-8/11-13/11-4/11-7/7-11/11-5

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt