張本智和、第1シードの貫禄 圧巻の"15本連取"で16強入り<卓球・WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

国際大会 張本智和、第1シードの貫禄 圧巻の“15本連取”で16強入り<卓球・WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.09 文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

9日、卓球の新国際大会WTTのスターコンテンダードーハの男子シングルス決勝トーナメント2回戦(ラウンド32)で、張本智和(木下グループ、世界ランク5位)がS.グナナセカラン(インド、同37位)にゲームカウント3-0で勝利した。

張本は第1ゲーム終盤から第2ゲームにかけて15ポイント連続で得点するなど、インドのエースを寄せ付けなかった。

直前のコンテンダー大会に続き、今大会も中国代表が欠場しており、張本は第1シードに位置している。

>>卓球・新大会WTT中東シリーズ 中国選手が参加キャンセル

>>日本卓球協会、パリ五輪代表は国内選考会も重視へ 新国際大会WTTの参加自由度の低さ考慮

第1シードの張本智和、3回戦進出


写真:S.グナナセカラン(インド)/提供:ittfworld
Tリーグ岡山リベッツでも活躍するインドのエースに対し、張本は序盤から声を出して向かっていき、要所でコンパクトなバックハンド強打を決める。

第1ゲーム、張本は5-4から6ポイント連取で一気にゲームを先取すると、第2ゲームも勢いそのままに一時は9-0とリードを広げ、ゲームを連取する。

第3ゲームも5-4と張本がリードした場面でグナナセカランがたまらずタイムアウト。ここでも相手に流れを渡さなかった張本がこのゲームも制し、ストレート勝ちでベスト16入りを決めた。

張本は次戦、10日に行われる3回戦(ラウンド16)で森薗政崇(BOBSON、同48位)とQ.アルナ(ナイジェリア、同21位)の勝者と対戦する。

WTTスターコンテンダー決勝ラウンド 男子シングルス2回戦


写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

◯張本智和(木下グループ) 3-0 S.グナナセカラン(インド)
11-4/11-5/11-8

張本智和インタビュー


写真:張本智和(木下グループ)/提供:長田洋平/アフロスポーツ

>>張本智和の耳に響く東北からの“頑張れ” 忘れない3.11から10年

グナナセカランインタビュー


写真:サティアン・グナナセカラン(インド)/撮影:伊藤圭

>>初のインド人Tリーガー・グナナセカランは“IT系”の頭脳派だった

>>グナナセカラン「日本に勝ったら首相に呼ばれた」インド卓球の歴史が変わった瞬間

>>グナナセカラン「ヨガで勝つ!」インド卓球のエースに学ぶ “印度式”成功哲学とルーティン

>>グナナセカランが語る なぜ中国は卓球が強いのか?

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt