デュッセルドルフ、2戦連続のストレート勝ちでファイナルへ<卓球・ドイツブンデスリーガプレーオフ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ティモ・ボル/提供:ittfworld

国際大会 デュッセルドルフ、2戦連続のストレート勝ちでファイナルへ<卓球・ドイツブンデスリーガプレーオフ>

2021.04.05 文:ラリーズ編集部

<ドイツブンデスリーガプレーオフ 4月3日>

2020-2021シーズンのドイツブンデスリーガプレーオフが開催され、ボルシア・デュッセルドルフがグリュンヴェッターズバッハにマッチカウント3-0で勝利し、ファイナル進出を決定させた。

>>デュッセルドルフ先勝 ファイナル進出へ王手<卓球・ドイツブンデスリーガプレーオフ>

ブンデスリーガプレーオフ ルール

ドイツブンデスリーガプレーオフにはレギュラーシーズン上位4クラブが出場権を与えられ、シーズン1位と4位、2位と3位のクラブがそれぞれ対戦し、勝利した2クラブが年間王者をかけたファイナルへと進出し、年間王者を決める。

今シーズンのプレーオフ進出クラブはボルシア・デュッセルドルフ(シーズン1位)、ザールブリュッケン(シーズン2位)、オクセンハウゼン(シーズン3位)、グリュンヴェッターズバッハ(シーズン4位)の4クラブ。そして、ファイナルへの出場は、プレーオフの3試合で先に2勝を挙げることが条件となっている。

第1マッチ アントン・ケルベリ vs 邱党

第1マッチには、デュッセルドルフからはアントン・ケルベリ(スウェーデン)、グリュンヴェッターズバッハからは邱党(キュウダン・ドイツ)が出場し、プレーオフ第1戦と同カードとなった。


写真:アントン・ケルベリ(スウェーデン)/提供:ittfworld

第1戦ではフルゲームの末にケルベリが勝利を収めており、邱党としてはリベンジを果たしたいところだったが、第1ゲームを21-19という大熱戦の末、ケルベリが先取。さらに、第2ゲームもデュースまでもつれ込むが、ここもケルベリが勝負強さを見せて奪取する。後がなくなった邱党は、得意のフォアハンドを活かして第3ゲームこそなんとか取るが、第4ゲームは両ハンド攻撃でポイントを重ねたケルベリに軍配。ゲームカウント3-1でケルベリが貴重な1勝を挙げた。

第2マッチ クリスチャン・カールソン vs 王熹

第2マッチには、デュッセルドルフからはクリスチャン・カールソン(スウェーデン)、グリュンヴェッターズバッハからは王熹(ワンシ・中国)が出場した。


写真:クリスチャン・カールソン/提供:ittfworld

この試合、カットマンである王熹に対して、カールソンは王熹のフォアにドライブを集めて、王熹のドライブミスを誘う戦術を展開した。そして、その作戦がハマり、カールソンが先に2ゲームを奪う。

しかし、第3ゲームからは、王熹の変化カットがカールソンに効き始め、王熹が2ゲームを取り返す。第1マッチを落としているグリュンヴェッターズバッハとしては、是が非でも勝利したいところだったが、最終第5ゲームは序盤に6-0までリードを広げたカールソンがそのままの勢いで勝利。マッチカウント2-0で、デュッセルドルフがファイナル進出に王手をかけた。

第3マッチ ティモ・ボル vs デニ・コズル

第3マッチには、デュッセルドルフからはティモ・ボル(ドイツ)、グリュンヴェッターズバッハからはデニ・コズル(スロバキア)が出場した。


写真:ティモ・ボル/提供:ittfworld

負ければ敗退が決まるコズルはボル相手に、序盤から積極的な攻めを見せる。しかし、あと1歩のところでのミスやボルのカウンターに苦しめられ、12-10で第1ゲームはボルが奪取する。すると、第2ゲーム以降は質の高いサーブでボルがポイントを重ね、焦ったコズルが自身のサーブ時に攻め急いでミスをする、という悪循環にハマってしまう。ボルは第2ゲームも落ち着いて勝利し、第3ゲームも最後はコースを狙ったブロックでコズルのミスを誘い、ゲームセット。デュッセルドルフがファイナル進出を決定させた。

2020-2021シーズン ドイツブンデスリーガプレーオフ結果

ボルシア・デュッセルドルフ 3-0 グリュンヴェッターズバッハ

〇アントン・ケルベリ 3-1 邱党
〇クリスチャン・カールソン 3-2 王熹
〇ティモ・ボル 3-0 デニ・コズル

森薗政崇インタビュー


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

>>第1話 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…森薗政崇「俺は卓球マシーンか!」

>>第2話 森薗政崇、エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」

>>第3話 2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt