デューダ、アメリカの新星を撃破し優勝<卓球・デュッセルドルフマスターズ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ベネディクト・デューダ/提供:ittfworld

国際大会 デューダ、アメリカの新星を撃破し優勝<卓球・デュッセルドルフマスターズ>

2021.05.20 文:ラリーズ編集部

<卓球 デュッセルドルフ・マスターズ第5戦 2021年5月2日>

デュッセルドルフ・マスターズ2021の第5戦が16日に行われ、東京五輪ドイツ代表のリザーブメンバーに選ばれた、ベネディクト・デューダが優勝を果たした。

>>元世界16位が5度目の挑戦で念願の初優勝<卓球・デュッセルドルフマスターズ>

デュッセルドルフマスターズ2021とは

デュッセルドルフマスターズは、ドイツ卓球連盟の支援のもと、ブンデスリーガの強豪、ボルシア・デュッセルドルフが主催しているシングルスの大会。試合方式が毎回異なり、今回は総当たりの予選リーグと決勝トーナメントを併用した方式で行われた。

また、デュッセルドルフマスターズは毎試合参加選手が異なるのも大きな特徴。第5戦にはドイツ・ブンデスリーガのクラブに所属する選手に加えて、シード枠として、カナック・ジャー(アメリカ)、ベネディクト・デューダが参戦した。

通算3度目の優勝

デューダは27歳のドイツ人プレーヤー。ドイツ代表として2018年のチームワールドカップで5位に輝き、今年3月に行われたWTTコンテンダードーハ、WTTスターコンテンダードーハにも出場した経歴を持つ。


写真:ベネディクト・デューダ/提供:ittfworld

一方、デューダの対戦相手であるカナック・ジャーは20歳の若さでアメリカ代表のエースとして活躍する実力者。世界選手権、ワールドカップなどの主要国際大会への出場歴も豊富で、ドイツブンデスリーガの強豪・オクセンハウゼンに所属している。そんな実績十分な選手同士の対決は、両者が1ゲームずつ奪い合いうシーソーゲームを制して、デューダが勝利。昨年度の記録を合わせて、自身3度目の優勝を果たした。


写真:カナック・ジャー/提供:ittfworld

試合後デューダは「カナックと試合をするのは難しかった。なぜなら、彼は僕と完全にプレーのリズムが異なっているからね。僕らはデュッセルドルフのトレーニンググループでお互いのことを知っているけれど、今日はなんとか勝ててよかった」とコメントした。

デュッセルドルフマスターズ第5戦結果

決勝戦

〇ベネディクト・デューダ 3-2 カナック・ジャー
11-4/7-11/11-9/5-11/11-7

準決勝

〇ベネディクト・デューダ 3-2 Benno OEHME(ドイツ)
7-11/10-12/11-7/11-7/11-7

〇カナック・ジャー 3-0 Cedric Meissner(ドイツ)
11-6/11-5/11-4

元ブンデスリーガー・森薗政崇インタビュー


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

>>第1話 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…森薗政崇「俺は卓球マシーンか!」

>>第2話 森薗政崇、エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」

>>第3話 2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt