張本智和、決勝進出 五輪銅メダリストにリベンジ<WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

国際大会 張本智和、決勝進出 五輪銅メダリストにリベンジ<WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.12 文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの男子シングルス準決勝に張本智和(木下グループ・世界ランキング5位)が登場し、ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ・同10位)にゲームカウント4-2で勝利した。

張本智和 vs ドミトリ・オフチャロフ


写真:張本智和(木下グループ)/提供:新華社/アフロ

男子シングルスで日本勢唯一の勝ち残りの張本。準々決勝では過去にTリーグでも活躍し、韓国の五輪代表でもある鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)を打ち破り、準決勝に進出している。


写真:ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)/提供:ittfworld

一方、ドイツ代表のオフチャロフは、ロンドン五輪シングルス・団体で銅メダルを獲得した実力者だ。独特のモーションから繰り出されるバックサーブを武器に、パワフルな両ハンド攻撃を特徴としている。

両選手は直近のWTTコンテンダードーハの準決勝で対戦しており、ゲームカウント4-2でオフチャロフが勝利。そのままオフチャロフがWTTコンテンダードーハを制している。

前回大会のリベンジマッチに臨んだ張本

試合は、オフチャロフのパワーと張本の守備が光る。第1ゲームはオフチャロフのバックサービスからの強烈なバックドライブに張本は苦戦し、8-11で落としてしまう。


写真:ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)/提供:ittfworld

バック対バックの展開で失点を重ねていた張本は、積極的にオフチャロフのフォア側を突いていき、第2ゲームは11-8で張本が取り返した。第3ゲーム、再びオフチャロフがバックサービスからの展開を見せるが、張本のサービスからのパターンが良く、11-8で張本が連取した。


写真:張本智和(木下グループ)/提供:新華社/アフロ

第4ゲームのデュースはオフチャロフに軍配が上がるが、第5ゲームは張本が奪い返し、ゲームカウントは3-2で張本がリードする。見ごたえ十分なラリーが連発される試合は、目まぐるしく流れが移り変わるが、第6ゲームを0-5から逆転した張本が見事リベンジ。オフチャロフとの好ラリー戦を制し、決勝進出を決めた。

男子シングルス準決勝

〇張本智和 4-2 ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
8-11/11-8/11-8/11-13/11-7/11-7

張本智和インタビュー


写真:張本智和(木下グループ)/提供:長田洋平/アフロスポーツ

>>張本智和の耳に響く東北からの“頑張れ” 忘れない3.11から10年

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt