伊藤美誠、2大会連続Vへ王手 "日韓五輪代表対決"に完勝<WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

国際大会 伊藤美誠、2大会連続Vへ王手 “日韓五輪代表対決”に完勝<WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.12 文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの女子シングルス準決勝に伊藤美誠(スターツ・世界ランキング2位)が登場し、田志希(チョンジヒ・韓国・同15位)にゲームカウント4-1で勝利した。

伊藤美誠 vs 田志希


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

直前のWTTコンテンダードーハで優勝した伊藤は、今大会も準決勝まで勝ち進んできた。3回戦で大藤沙月(四天王寺高)、準々決勝でアドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)を下している。

対する田志希は、Tリーグでのプレー経験もあるサウスポーだ。Tリーグでのプレー経験もあり、東京五輪韓国代表にも選出されている。2019年チームワールドカップでは平野美宇/石川佳純ペアに勝利したダブルスの名手でもある。


写真:田志希/提供:ittfworld

両者の対戦成績は3勝0敗で伊藤が勝ち越しており、直近は2020年の女子W杯でゲームカウント4-1で伊藤が勝利している。

日韓五輪代表対決

いきなり伊藤の2連続サービスエースで戦いの火ぶたが切って落とされた女子シングルス準決勝。第1ゲームは伊藤が圧倒して11-5で先取した。第2ゲームは田志希もラリーで食らいつき、長くデュースが続く。しかし、最後はここでも伊藤のサービスエースが炸裂し、17-15と伊藤が連取した。


写真:田志希(韓国)/提供:ittfworld

第3ゲームは逆転で奪われた伊藤だが、しっかりと切り替える。またしてもサービスが効き始め、第4ゲームは11-5と圧倒する。相手が慣れてきたと見れば、少しずつサービスやレシーブに変化をつけ、再び突き放す伊藤。第5ゲームもデュースとなるが我慢の展開でしっかりと取り切り、ゲームカウント4-1で伊藤が決勝進出を決めた。

2大会連続優勝に王手をかけた伊藤は、決勝ではエリザベタ・サマラ(ルーマニア)と馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)の勝者と対戦する。

女子シングルス準決勝

〇伊藤美誠 4-1 田志希(韓国)
11-5/17-15/9-11/11-5/15-13

関連記事

>>卓球女子世界ランキング(2021年第10週) WTT優勝の伊藤美誠、自己最高タイの2位返り咲き

>>田志希(チョンジヒ)の使用用具・大会成績・プロフィール

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt