芝田沙季、ハードスケジュールも「どれだけ時間がかかっても勝ち切るつもりだった」<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 芝田沙季、ハードスケジュールも「どれだけ時間がかかっても勝ち切るつもりだった」<世界卓球2021>

2021.11.25 文:ラリーズ編集部

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

現地時間24日、世界選手権は2日目を迎え、女子シングルス2回戦に芝田沙季(ミキハウス)が登場。ゲームカウント4-3で勝利し3回戦へ駒を進めた。芝田は、大会2日目の最終試合でフルゲームまでもつれた熱戦に勝利し、明日は朝イチで混合ダブルスの試合に臨む。ハードスケジュールの中、試合後、芝田が報道陣の質問に短い時間答えてくれた。

芝田沙季コメント

試合振り返り

(フルゲームになり)流れも怪しい中、最後踏ん張って勝てたのは良かったと思います。

前半はラリーでも押せてたと思うんですけど、途中から相手も思い切ってきた。バックハンドが凄く上手で、後ろからも振ってきていた。ラリーになるんだったら、自分の得意なフォア対フォアに持っていこうと思っていました。あとはできるだけ、サービスやレシーブなど早い段階で崩せたらいいなと思っていました。

接戦を制した気持ち

気持ちも苦しい部分だったと思うんですけど、勝っても負けても自分の持ち味を出そうと思って、そこは我慢できたかなと思います。

今日は最後まで試合で、明日は朝一でミックスとタイトなスケジュールだが

この試合に勝って、明日に繋げたいと思っていたので、どれだけ時間がかかっても勝ち切るつもりでした。明日早い時間ですけどそこはしっかりできると思うので、この後休んで良い状態で臨めればと思います。

シングルスは伊藤美誠選手と当たるという組み合わせだが

これが世界選手権なのかなと思うので、自分の試合をするだけだと思います。やれることをしっかりやって自分の試合をしていきたいです。

女子シングルス2回戦


写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

〇芝田沙季 4-3 ブリット・エーラント(オランダ)
11-3/7-11/11-13/11-4/11-5/6-11/11-6

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>“史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

世界選手権大会報道記事

>>世界選手権大会報道記事はこちら

男子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
樊振東(中国)
14145 pt
2
馬龍(中国)
10510 pt
3
許昕(中国)
8630 pt
1
張本智和(日本)
8505 pt
2
丹羽孝希(日本)
4943 pt
3
水谷隼(日本)
4578 pt
女子ランキング
2022.01.11
世界
日本
1
陳夢(中国)
13100 pt
2
孫頴莎(中国)
12500 pt
3
伊藤美誠(日本)
9965 pt
1
伊藤美誠(日本)
9965 pt
2
石川佳純(日本)
6440 pt
3
平野美宇(日本)
5713 pt