伊藤美誠に惜敗の芝田沙季「4ゲーム目が勝負の分かれ目だった」<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 伊藤美誠に惜敗の芝田沙季「4ゲーム目が勝負の分かれ目だった」<世界卓球2021>

2021.11.26 文:ラリーズ編集部

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

25日、世界選手権は3日目を迎え、女子シングルス3回戦では日本勢対決が実現。芝田沙季(ミキハウス)が伊藤美誠(スターツ)にゲームカウント3-4で惜敗した。試合後、芝田が報道陣の質問に答えた。

芝田沙季コメント

フルゲームの試合を振り返って

4ゲーム目4-0でリードしてて、そこで取り切れなかった。最終ゲームも出足でリードされてしまって、4ゲーム目が勝負の分かれ目だったかなと思います。

4ゲーム目の4-1でのサービスミスが痛かった?

サービスミスももちろん痛いですけど、4-0で簡単なミスをしてしまったのが(痛かった)。連続得点しててのミス。ラリーして相手の良いプレーだったらそこは仕方ないんですけど、凡ミスをしてしまうと流れも持って行かれてしまう。

伊藤美誠戦の手応え

サービスが効いていてもすぐに対応してくるし、効いていたことで自分もサービスを変えるタイミングを(迷ってしまった)。

サービスの組み立てでどう組み立てていくかを、途中迷ってしまったので、(伊藤の)対応力はすごいし、自分もそこにどう対応していくだと思いました。

ラリーになればある程度勝負にいけていた。そこに持ち込ませてくれない。伊藤選手のサービスやいろいろ変化をつけてくるレシーブもそうですし、そこにもっと対応していければ、もうちょっと違う展開になるのかなと思いました。

女子シングルス3回戦

〇伊藤美誠(スターツ) 4-3 芝田沙季(ミキハウス)
11-6/9-11/6-11/11-6/11-8/2-11/11-6

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

>>「床が水平じゃない!?」「開幕直前のボール調整…」世界選手権の舞台裏秘話

世界選手権大会報道記事

>>世界選手権大会報道記事はこちら

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt