早田ひな、ベスト16入り エジプトのサウスポーに快勝<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 早田ひな、ベスト16入り エジプトのサウスポーに快勝<世界卓球2021>

2021.11.26 文:ラリーズ編集部

<世界選手権個人の部(世界卓球2021)ヒューストン大会 日時:11月23日~29日 場所:アメリカ・ヒューストン>

25日、世界選手権は3日目を迎え、女子シングルス3回戦で早田ひな(日本生命)がゲームカウント4-1で勝利し、ベスト16入りを決めた。

早田ひなが3回戦に挑んだ


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

早田は、直前のWTTスターコンテンダードーハで女子シングルス・混合ダブルスで2冠、アジア選手権では女子シングルス、女子ダブルス、女子団体で3冠と現在最も勢いに乗っている選手と言っても過言ではない。今大会シングルス2回戦でもインド選手にストレートで快勝し、3回戦に臨んだ。

対するは世界ランキング36位のディナ・メシュレフ(エジプト)。アフリカ女子卓球界を牽引するサウスポーだ。


写真:ディナ・メシュレフ(エジプト)/撮影:ラリーズ編集部

試合は、威力では早田、緩急ではメシュレフという戦いとなり、バック対バックでは互角の展開となった。しかし、早田は、威力が女子選手の中でも飛び抜けているフォアハンドで要所は得点し、見事勝利を収めた。


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

勝利した早田は倪夏蓮(ニーシャーリエン)と王藝迪(ワンイーディ・中国)の勝者と対戦する。

女子シングルス3回戦

〇早田ひな(日本生命) 4-1 ディナ・メシュレフ(エジプト)
11-6/4-11/11-9/11-7/11-2

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

>>国際卓球連盟CEOに聞く「チケット22,000枚即売のワケ」と「82年ぶり新天地開催の意義」

>>「床が水平じゃない!?」「開幕直前のボール調整…」世界選手権の舞台裏秘話

世界選手権大会報道記事

>>世界選手権大会報道記事はこちら

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt