張本智和、初戦敗退 韓国エースにリベンジ許す<卓球ITTFファイナル> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

国際大会 張本智和、初戦敗退 韓国エースにリベンジ許す<卓球ITTFファイナル>

2020.11.19 文:ラリーズ編集部

<ITTFファイナル 11月19日~22日 中国・鄭州>
19日、国際卓球連盟(ITTF)主催大会の年間王者を決めるITTFファイナル男子シングルス1回戦で、張本智和(木下グループ・世界ランキング4位)が張禹珍(ジャンウジン、同18位・韓国)に3-4で敗れ、準々決勝進出を逃した。

序盤、張本は得意のコンパクトなフォームから繰り出される高速バックハンドで張禹珍を圧倒。特に第1、第2ゲームは浅めに送球したツッツキを相手に打たせて、バックハンドのカウンターで狙い打つ戦術が冴える。先に3ゲームを奪った張本が優位に試合を進めるも、張禹珍も粘りを見せ、ゲームカウント3-3と大接戦となる。最終第7ゲームは張禹珍の躍動感あふれる連続攻撃を止めきれず、張本が敗れた。

張本と張の対戦は4日ぶり、Tリーグでもチームメイト

両選手は4日前(11月15日、男子ワールドカップ3位決定戦)にも対戦しており、その時は張本が4-3の大接戦を制していた。

勝利した張は、20日に行われる準々決勝で丹羽孝希(スヴェンソン・同13位)と林高遠(同5位・中国)の勝者と対戦する。

尚、張禹珍は今季よりTリーグ参戦を表明しており、張本とは木下マイスター東京でチームメイトとなる。

>>張本智和、3位入賞 丹羽を下した韓国選手に勝利<卓球・男子W杯>

ITTFファイナル 男子1回戦のスコア


写真:張禹珍(ジャンウジン・韓国)/提供:ittfworld
張本智和 3-4 ○張禹珍(韓国)
11-6/11-2/7-11/11-7/10-12/2-11/5-11

【連載】なぜ中国は卓球が強いのか?


>>水谷隼や丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか

男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt