【卓球】「全てを出し切った」伊藤が強者・劉詩文に連勝 表彰台へ<スウェーデンOP2018女子> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会
2019.1.14(月)〜20(日)・大阪

【卓球】「全てを出し切った」伊藤が強者・劉詩文に連勝 表彰台へ<スウェーデンOP2018女子>

*写真:伊藤美誠(スターツSC)/ittfworld

<2018スウェーデンオープン(ストックホルム) 2018年10月29日~11月4日>

スウェーデンオープン6日目となった11月3日。男女シングルスの準々決勝4試合のうち、後半2試合以降が行われた。準々決勝第3試合で石川佳純が丁寧に惜しくも敗北し、残る日本選手は伊藤美誠(11月度世界ランキング7位・18歳)=スターツSC=一人に。そして対戦相手は劉詩文(同6位・27歳)=中国=となった。

伊藤は独特の変化があるプレーで劉詩文のミスを誘い、第1ゲームをデュースで先取。しかしそこから劉詩文が攻撃のリズムを掴み、一気に3ゲームを連取し、伊藤はあっという間に追い詰められる。しかし伊藤は世界選手権(団体戦)決勝で見せた大逆転劇を彷彿とさせる精神力で第5ゲームをデュースで取ると、第6ゲームも大差で連取。勝負は最終ゲームにもつれた。

最終ゲームは両者譲らぬシーソーゲームの展開に。状況を打開したのは伊藤の速攻だった。台から全く離れず、劉詩文の攻撃をカウンターし続け、最後はゲームポイント11-8で勝利した。次戦は石川を破った現世界女王・丁寧(同2位・28歳、2015,2017年世界選手権優勝、2016年リオ五輪金メダリスト)=中国=と日本時間明日未明に対戦予定だ。

伊藤はゲームカウント1-3から逆転勝利できたことについて、「ここままでは自分の卓球をせずに負けてしまうなと思ったので、全てを出し切ろうと思って戦った。」と試合を振り返った。また、丁寧戦に向けて、「すごく久しぶりの対戦であるので、お互いにどういう風に変わっているのか楽しみ。自分の卓球をするだけ。」と強気な姿勢を見せた。

スウェーデンOP 大会6日目(日本女子の結果)

女子シングルス 準々決勝

伊藤美誠 4-3 劉詩文(中国)
12-10/7-11/7-11/5-11/13-11/11-4/11-8

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
張本智和(日本)
14625 pt
1
張本智和(日本)
13860 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
11205 pt
女子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
15969 pt
3
石川佳純(日本)
15248 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
14135 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US