【卓球】大会二日目に早くも石川、平野の日本人対決か<女子ワールドカップ2018>


*写真は石川佳純(全農・左)、平野美宇(日本生命・右)

<女子ワールドカップ2018(成都) 2018年9月28日~9月30日>

女子W杯初日、グループステージが終了

28日、中国・成都で女子ワールドカップが開幕した。大会初日はグループステージが終了し、ベスト16が決定した。日本の石川佳純(9月度世界ランキング4位・25歳)=全農=、平野美宇(同9位・18歳)=日本生命=はシードのためグループステージには出場しない。

グループステージは3人×4リーグで行われ、各リーグ上位2名が決勝トーナメントに進出する。グループステージ終了後、ノックアウトステージ(勝ち残り形式)の組み合わせ抽選が行われ、大会二日目の試合が決まる。

抽選の結果、29日のラウンド16(ベスト8決定戦)は石川佳純が陳思羽(同27位・25歳)=チャイニーズタイペイ=と、平野美宇がキム・ソンイ(同63位・24歳)=北朝鮮=との対戦が決まった。いずれも日本時間14時開始予定だ。

29日 準々決勝で日本人対決実現か

石川、平野がともに29日の初戦に勝てば、同じ日の夜に行われる準々決勝で日本人二人が対戦する組み合わせとなった。

準々決勝での日本人対決が実現すれば、日本の卓球ファンにとっては見逃せない一戦となる。二人の直近の対戦は、2018年3月のカタールOPでは4-2で石川が勝利。2017年9月のアジアカップでは4-3で石川の勝利と、石川が平野に連勝中。

いずれにせよ、日本人対決の前にはチャイニーズタイペイと北朝鮮の強敵がいる。特にキム・ソンイはリオ五輪で石川を破り、銅メダルを獲得した実力者だ。まずは石川と平野の初戦の行方に注目が集まる。

女子ワールドカップ グループステージの結果

女子一般シングルス 予選リーグ

リー・ジエ(オランダ) 1-4 ○キム・ソンイ(北朝鮮)
6-11/11-7/3-11/8-11/10-12

○サマラ・エリザベタ(ルーマニア) 4-3 ディナ・メシュレフ(エジプト)
11-9/8-11/3-11/9-11/11-4/13-11/11-7

○チャン・モー(カナダ) 4-3 レイ・ジェンファン(オーストラリア)
6-11/11-8/9-11/11-9/11-8/8-11/11-6

○ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア) 4-2 ウー・ユエ(アメリカ)
11-6/11-4/11-9/9-11/9-11/11-9

リー・ジエ(オランダ) 2-4 ○マチルダ・エコーム(スウェーデン)
11-7/6-11/6-11/6-11/11-8/10-12

○サマラ・エリザベタ(ルーマニア) 4-3 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
11-7/6-11/8-11/7-11/11-6/13-11/13-11

チャン・モー(カナダ) 1-4 ○ゲオルギナ・ポータ(ハンガリー)
7-11/6-11/11-7/14-16/10-12

○ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア) 4-2 リュウ・ジャ(オーストリア)
11-9/9-11/11-5/9-11/11-8/11-6

○陳思羽(チャイニーズタイペイ) 4-0 ディナ・メシュレフ(エジプト)
11-9/11-6/11-9/11-7

マチルダ・エコーム(スウェーデン) 3-4 ○キム・ソンイ(北朝鮮)
9-11/11-6/9-11/11-7/4-11/11-7/10-12

○リュウ・ジャ(オーストリア) 4-3 ウー・ユエ(アメリカ)
11-9/9-11/9-11/8-11/11-4/11-8/11-6

ゲオルギナ・ポータ(ハンガリー) 1-4○ レイ・ジェンファン(オーストラリア)
7-11/6-11/2-11/12-10/5-11

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする