【卓球】女子ワールドカップ2018開幕直前特集!石川、平野の優勝なるか?


*写真は平野美宇(日本生命・左)、石川佳純(全農)

<女子ワールドカップ2018(開催地:成都) 2018年9月28日~9月30日>

女子ワールドカップが28日から開幕

28日から女子ワールドカップが中国・成都で開幕する。

30日までの3日間と短期の日程であるのは、今回の出場者が女子世界トップ、選りすぐりの20名のみであることと、種目が女子シングルスに限られているからだ。

初日はシード選手8名を除いた12名を3人ずつに分け、総当りの予選リーグが行われる。日本から出場する石川佳純(9月度世界ランキング4位・25歳)=全農=、平野美宇(同9位・18歳)=日本生命=はシード選手で初日の出番はないため、29日から登場する。

今回は、そんな見所たっぷりの女子ワールドカップに出場する世界の強豪選手たちを特集した。石川、平野の日本勢は優勝なるか。

女子ワールドカップ2018 立ちはだかる世界の強豪選手たち

現世界ランキング1位・朱雨玲(中国)

写真:新華社/アフロ


この大会の第1シードで、中国の主力選手である朱雨玲(ツ・ユリン)。9月度の世界ランキングは堂々の1位。今年、横浜で開催されたアジアカップで女子シングルス優勝を飾るなど、勢いに乗っている。

石川佳純も今年2月のチームワールドカップ5月の世界選手権(団体戦)7月の韓国オープンで対戦しているが、全てストレート負け。穴のないプレーをする安定感抜群の選手だ。

世界女王・丁寧(中国)

写真:ロイター/アフロ


卓球をあまり知らない人でも一度はその名前を聞いたことがあるであろう、絶対女王・丁寧(ディン・ニン)

2016年リオデジャネイロオリンピック女子シングルス金メダル、2017年世界選手権(個人戦)優勝の現・世界女王。世界ランキングこそ現在6位ではあるが、これまでの経験値を含めた総合力はこのワールドカップ出場者の中で一番とも言える。

Tリーグ・TOP名古屋のエース、鄭怡静(チャイニーズタイペイ)


チャイニーズタイペイのエースであり来月開幕するTリーグ・TOP名古屋所属の鄭怡静(チェン・イーチン)。現在の世界ランキングは8位につけている。

2016年ワールドカップシングルス準優勝、2017年の同大会では3位と、ワールドカップとの相性も良いようだ。女子選手の中でもトップクラスのフットワークとボールの威力を誇るため、鄭怡静をフルスイングさせてはいけない。

石川と因縁のライバル・徐孝元(韓国)


韓国のカットマン、徐孝元(セオ・ヒョンウォン)。現在世界ランキングは12位で、韓国のエース選手としてその名を轟かせている。

大舞台で石川佳純と対戦することが多く、2013年の韓国オープンでは石川を破り優勝、2014年ワールドツアーグランドファイナルでは石川に敗れ準優勝、今年開催されたワールドツアープラチナ・ドイツオープン決勝では石川と対戦し女子シングルス準優勝。今回もこの“因縁のライバル”対決が見られるかもしれない。粘り強い、鉄壁のカットに注目だ。

21歳、香港の新鋭・杜凱栞(中国香港)

21歳にして中国香港のエースである杜凱栞(ドゥ・ホイカン)は世界ランキングは13位である。

2016年には当時世界ランキング1位をキープしていた劉詩文 (現在は2位)をオリンピックアジア予選でゲームカウント4-2で破るなど、大物食いもお手の物。台から離れずに、早い打点で高速卓球を展開するため、比較的日本人選手に近い選手とも言えるだろう。

女子ヨーロッパの大砲・ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)

ソフィア・ポルカノバは女子ヨーロッパ勢で世界ランキングトップである17位である。今月23日まで行われていたヨーロッパナンバーワンを決めるヨーロッパ選手権では女子シングルス3位と健闘し、名実ともに、ヨーロッパのトップ選手であることを証明した。

今年の世界選手権(団体戦)では伊藤美誠に軍配が上がっている。しかし、ポルカノバは身長180cmと女子選手の中ではトップクラスに長身で、リーチが長い。左腕から繰り出されるサーブからの威力ある攻撃と守備範囲の広さは脅威だろう。

2018女子ワールドカップ 出場全選手

朱雨玲(9月度世界ランキング1位・23歳)=中国=
石川佳純(同4位・25歳)=全農=
丁寧 (同6位・28歳)=中国=
平野美宇(同9位・18歳)=日本生命=
鄭怡静(同8位・26歳)=チャイニーズタイペイ=
徐孝元(同12位・31歳)=韓国=
杜凱栞(同13位・21歳)=中国香港=
ソフィア・ポルカノバ (同17位・24歳)=オーストリア=
リー・ジエ (同18位・34歳)=オランダ=
エリザベタ・サマラ (同20位・29歳)=ルーマニア=
チャン・モー(同22位・29歳)=カナダ=
ベルナデッタ・スッチ (同26位・23歳)=ルーマニア=
陳思羽(同27位・25歳)=チャイニーズタイペイ=
マチルダ・エコーム (同29位・36歳)=スウェーデン=
ゲオルギナ・ポータ (同36位・33歳)=ハンガリー=
リュウ・ジャ (同41位・36歳)=オーストリア=
ディナ・メシュレフ(同43位・24歳)=エジプト=
キム・ソンイ (同63位・24歳)=北朝鮮=
ウー・ユエ(同69位・28歳)=アメリカ=
レイ・ジェンファン (同74位・45歳)=オーストラリア=

文:ラリーズ編集部
トップ写真:田村翔/アフロスポーツ

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする