【卓球】平野美宇、北朝鮮選手に1ゲーム奪われるも全勝で予選突破<ユース五輪2018 女子2日目の結果>


*写真は平野美宇(日本生命)

<第3回ユースオリンピック競技大会(アルゼンチン・ブエノスアイレス) 2018年10月6日~10月18日>

8日、ユースオリンピック競技大会卓球競技は2日目を迎え、男女予選リーグが行われた。

女子日本代表として、平野美宇(10月度女子世界ランキング9位・18歳)=日本生命=が出場し、初日は2試合ストレート勝利で好調な滑り出しであった。平野は8日、予選最終戦、PYON Song Gyong(同225位・17歳)=北朝鮮=と対戦。世界ランキングでは平野が圧倒的に上ではあるが、卓球界の“ダークホース”とも言える北朝鮮の選手ということもあり、平野はこの大会初めてゲームを落とした。しかし流れを奪われることなく、ゲームカウント4-1で勝利し、全勝で決勝トーナメントに進出した。

平野は決勝トーナメント初戦、LAURENTI Jamila(同268位・15歳)=イタリア=と9日10時45分(日本時間9日22時45分)から対戦予定だ。負けられない戦いが始まる。

ユース五輪2018 女子2日目の結果

女子シングルス 予選

○平野美宇 4-1 PYON Song Gyong(北朝鮮)
11-8/11-2/9-11/11-4/11-9

文:ラリーズ編集部
写真:ittfworld

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする