【卓球】張本が接戦制し準決勝進出 次戦は“台湾の張本”と<ユース五輪2018 男子3日目の結果>


*写真は張本智和(JOCエリートアカデミー)

<第3回ユースオリンピック競技大会(アルゼンチン・ブエノスアイレス) 2018年10月6日~10月18日>

7日に開幕したユースオリンピック競技大会・卓球競技は3日目を迎え、男女シングルス決勝トーナメントが始まった。男子日本代表として、張本智和(10月度男子世界ランキング8位・15歳)=JOCエリートアカデミー=が出場している。

前日まで張本は予選を全てゲームカウント4-0のストレート勝利で勝ち上がる好調ぶりを見せていた。決勝トーナメント初戦、張本はTHAKKAR Manav Vikash(同218位・18歳)=インド=と対戦し、この大会初めて1ゲームを奪われるも、その後4ゲームを取り返し、ゲームカウント4-1で勝利した。そして迎えた準々決勝、PLETEA Cristian(同166位・18歳)=ルーマニア=に対して3ゲームを先取し準決勝進出に王手をかけるもその後2ゲームを取り返され、流れが悪くなる。しかし世界での経験が豊富な張本は、落ち着いて流れを引き戻し、ゲームカウント4-2で接戦を制した。

次戦、準決勝は“台湾の張本”林昀儒(同41位・17歳)=チャイニーズタイペイ=と10日11時30分(日本時間10日23時30分)対戦となった。林昀儒は今年のオーストラリアオープンでダブルス3位など、シニアでの活躍も著しい。

10日はシングルス準決勝、決勝が行われる予定だ。ここからはユースの枠を超えた実力者との対戦になる。張本優勝なるか。

林昀儒
写真:ittfworld

ユース五輪2018 男子3日目の結果

男子シングルス 決勝トーナメント ベスト8決定戦

◯張本智和 4-1 THAKKAR Manav Vikash
9-11/11-8/11-7/11-8/11-7

男子シングルス 決勝トーナメント 準々決勝

◯張本智和 4-2 PLETEA Cristian(ルーマニア)
11-3/11-8/11-8/6-11/9-11/11-6

文:ラリーズ編集部
写真:iitfworld

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする