吉村和弘が決勝進出【ITTFワールドツアー・香港オープン男子5日目の結果】


*写真はジャパンオープン2017の吉村和弘(愛知工業大学)
<2018年5月22日〜5月27日 ITTFワールドツアー・香港オープン (ハンセン)>

2018年香港オープン 大会5日目までの結果

5月22日から5月27日にかけてITTFワールドツアー・香港オープンがハンセンで行われている。

日本からは松平健太、大島祐哉、吉村真晴、上田仁、吉田雅己、宇田幸矢、金光宏暢、森薗政崇、木造勇人、吉村和弘、松山祐季、松平賢二、高見真己、平野友樹の14名の男子選手が出場している。

大会5日目はシングルス決勝トーナメント準々決勝・準決勝が行われた。

吉村和弘が激戦の末決勝進出。兄、真晴は韓国選手に惜敗

吉村和弘(5月度世界ランキング105位・愛知工業大学)が準々決勝、準決勝の激闘の末決勝進出を見事決めた。

準々決勝では2017年の世界卓球で銅メダルを獲得した韓国のエース、李尚洙(同8位)との対戦で、第1ゲームが勝負所となった。19-18となったところで吉村和弘がタイムアウト。ここのゲームを落とした方が負けると感じていたのだろうか。最後は吉村和弘が李尚洙のミスを誘い、この死闘をものにした。その後は吉村和弘のペースで試合が進み、見事トップ10ランカーにストレートで勝利を飾った。

準決勝はLIM Jonghoon(同39位・韓国)に3度のデュース戦の末フルゲームで勝利し、決勝に駒を進めた。LIM Jonghoon(同39位・韓国)は中国の周雨(同96位)、ポルトガルのマルコス・フレイタス(同15位)を破って準決勝まで上がって来た、非常に勢いのあるプレーヤーだったが、吉村和弘の勝負強さが際立った。

一方兄の吉村真晴(同25位・名古屋ダイハツ)は韓国のCHO Seungmin(同54位)と熱戦を繰り広げた。CHO Seungminは今大会日本の松山祐季(109位・愛知工業大学)、イギリスのエース・ピッチフォード(同58位)、ドイツのシュテガー(同26位)など強豪を倒して準々決勝まで進んで来た。

CHO Seungmin(同54位・韓国)が3ゲームを連取し、絶体絶命のピンチから吉村真晴が3ゲームを巻き返すも、一歩及ばず、フルゲームで敗退した。

決勝では吉村和弘と、兄・真晴を倒したCHO Seungminとの対戦になる。兄のリベンジなるか。

2018年香港オープン:主な日本選手の結果

男子シングルス

<準々決勝>
吉村真晴 3-4 CHO Seungmin(韓国)
7-11/7-11/1-11/11-9/12-10/11-6/5-11

吉村和弘 4-0 李尚洙(韓国)
20-18/11-6/11-9/11-9

<準決勝>
吉村和弘 4-3 LIM Jonghoon(韓国)
11-5/9-11/11-6/7-11/14-12/10-12/12-10

2018年香港オープン:6日目の初戦の組み合わせ

男子シングルス

<決勝>
吉村和弘 vs CHO Seungmin(韓国)

男子ダブルス

<決勝>
森薗政崇/大島祐哉 vs 何鈞傑/黄鎮廷(香港)

文:ラリーズ編集部
写真:田村翔/アフロスポーツ

関連リンク

吉村兄弟が躍進 強敵倒し準々決勝へ【ITTFワールドツアー・香港オープン男子4日目の結果】
伊藤美誠が準々決勝に 対戦相手は波に乗る韓国選手【ITTFワールドツアー・香港オープン女子4日目の結果】
『僕は卓球エリートではない』 上田仁“雑草”からの成り上がり
「バカじゃないと強くなれない」 メダリスト吉村真晴、壮絶な幼少期
卓球エリートから一転… 吉村真晴「空白の3年間」

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする