伊藤美誠が中国の同年代ライバルと激突 惜しくも敗れる【ITTFワールドツアー・香港オープン女子5日目の結果】


*写真は香港オープン2018決勝トーナメント2回戦の伊藤美誠(スターツSC)
<2018年5月22日〜5月27日 ITTFワールドツアー・香港オープン(ハンセン)>

2018年香港オープン 大会5日目までの結果

5月22日から5月27日にかけてITTFワールドツアー・香港オープンがハンセンで行われている。

日本からは石川佳純、平野美宇、伊藤美誠、佐藤瞳、早田ひな、加藤美優、長崎美柚、木原美悠、大藤沙月、塩見真希、相馬夢乃、森さくら、橋本帆乃香、芝田沙季、浜本由惟、前田美優の16名の女子選手が出場している。

大会5日目はシングルス決勝トーナメント準々決勝・準決勝が行われた。

伊藤美誠が準決勝で同年代ライバルと激突し、惜敗

伊藤美誠(5月度世界ランキング5位・スターツSC)が準々決勝に登場し、決勝トーナメント初戦で石川佳純(同3位・全農)を破った李恩惠(韓国)をゲームカウント4-2で下した。第1ゲームこそ苦戦したものの、その後は伊藤のペースで試合が進み、見事準決勝に駒を進めた。

準決勝は世界卓球中国代表にも選出された19歳、王曼昱(同4位)との対戦だった。伊藤はゲームカウント3-1でリードを奪うも、そこは追い詰められると強い中国選手、なかなか最後の1ゲームを取らせてくれなかった。

最終ゲーム、伊藤美誠が世界卓球の決勝、劉詩ブン戦と同様に驚異的な粘りを見せ、10-10とデュースに持ち込むも、最後は王曼昱の回転量の多いバックハンドに対し伊藤のブロックが僅かにオーバーし、10-12で敗れた。

これにより、決勝はシングルス、ダブルスともに中国勢同士によるカードとなった。

2018年香港オープン:主な日本女子選手の結果

女子シングルス

<準々決勝>
伊藤美誠 4-2 李恩惠(韓国)
12-10/11-7/11-13/8-11/11-8/11-9

<準決勝>
伊藤美誠 3-4 王曼昱(中国)
11-8/11-5/9-11/11-9/6-11/5-11/10-12

2018年香港オープン:6日目の初戦の組み合わせ

女子シングルス

<決勝>
王曼昱(中国) vs 陳幸同(中国)

女子ダブルス決勝トーナメント

<決勝>
陳幸同/SUN Yingsha(中国) vs CHEN Ke/王曼昱(中国)

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ

関連リンク

“みうみま”のみうちゃんに意外なアスリート達との交友関係が! 
【シリーズ/徹底分析】伊藤美誠vs劉詩雯〜ぶつかり合う両者の策略と伊藤の進化〜【世界卓球2018】
吉村和弘が決勝進出【ITTFワールドツアー・香港オープン男子5日目の結果】
伊藤美誠が準々決勝に 対戦相手は波に乗る韓国選手【ITTFワールドツアー・香港オープン女子4日目の結果】
石川佳純が3位キープ、世界卓球8勝の伊藤美誠が自己最高5位|卓球女子世界ランキング(5月発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする