【卓球】国体女子でミキハウス勢擁する地元、福井が初優勝<第73回国民体育大会>


*写真は左から芝田沙季(ミキハウス)、橋本帆乃香(ミキハウス)、山本笙子(中央大学)

<第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」卓球競技 9月29日〜10月3日>

芝田、橋本のミキハウス勢擁する福井県が初優勝

3日、福井県にて行われていた第73回国民体育大会が最終日を迎え、成年女子決勝が行われた。対戦カードは福井県対広島県となった。

福井県は芝田沙季(10月度世界ランキング20位・21歳)=ミキハウス=、橋本帆乃香(同30位・20歳)=ミキハウス=、山本笙子(ランクなし・20歳)=中央大学=と世界ランカー擁する今大会最強のチームであった。一方の広島県も、日本リーグ1部・中国電力の宋恵佳、庄司有貴、成本綾海というメンバーで挑むも、決勝戦は団体スコア3-1で福井県が初優勝を飾った。特に芝田、橋本のミキハウス勢の活躍が著しかった。

また山本笙子は地元・福井の福井商業高校出身であり、特に縁が深く、嬉しい優勝となった。

第73回国民体育大会 成年女子 結果詳細

福井 3-1 広島

橋本帆乃香 3-2 宋恵佳
11-6/11-13/11-9/9-11/13-11

芝田沙季 3-0 庄司有貴
11-5/11-2/11-4

山本笙子 1-3 成本綾海
11-3/5-11/3-11/8-11

芝田沙季 3-2 宋恵佳
11-3/9-11/7-11/12-10/11-8

第73回国民体育大会 成年女子 結果

<優勝>
福井県

<準優勝>
広島県

<ベスト4>
岡山県、東京都

第73回国民体育大会 少年女子 結果

<優勝>
愛知県

<準優勝>
石川県

文:ラリーズ編集部
写真:Imaginechina/アフロ、西村尚己/アフロスポーツ、ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする