【卓球】世界卓球、中国代表が発表 元世界ランク1位の朱雨玲が代表落ち | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:馬龍(中国)/撮影:ロイター・アフロ

卓球大会報道 【卓球】世界卓球、中国代表が発表 元世界ランク1位の朱雨玲が代表落ち

2019.03.09 文:ラリーズ編集部

8日、ITTF World(国際卓球連盟)がツイッターを更新。4月21日~28日に行われる2019世界卓球選手権大会ブダペスト大会(個人戦)のシングルス中国代表選手を写真とともに発表し、注目が集まっている。

中国代表は男子が写真左から、馬龍樊振東許昕林高遠、梁靖崑の5名、女子は左から丁寧、劉詩ブン、陳夢、王曼イク、孫穎莎の5名となった。

女子シングルス代表に元世界ランク1位の朱雨玲が入らなかったということに対して、日本では驚きの声が相次いでいる。

中国の代表選考会「地表最強12人」の結果はこちら

最新世界ランキング(3月)はこちら

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt