「日本が全部好き」リオ団体銀のシャン・シャオナ 日本ペイントに白星もたらす | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:シャン・シャオナ(日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 「日本が全部好き」リオ団体銀のシャン・シャオナ 日本ペイントに白星もたらす

2020.12.25 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月25日(金)>

Tリーグサードシーズン女子の試合が25日行われ、日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)が、トップおとめピンポンズ名古屋(以下、名古屋)にマッチカウント3-1で勝利した。年内最終戦となったこの試合をニッペMが勝利で飾った。

>>リオ団体銀の37歳シャン・シャオナ、日本ペイント加入 日本ペア下したダブルス力に期待

「Tリーグの試合に出たい」


写真:シャン・シャオナ(ドイツ)/提供:ittfworld

第2マッチに登場し、リン・イエ(名古屋)と対戦したシャン・シャオナ。鉄壁ブロックからのカウンターなどペン表の強みを存分に発揮する試合展開で、フルゲームの末にリン・イエを下した。

実はシャン・シャオナは、今月8日にヨーロッパチャンピオンズリーグを終えて再び日本入りし、そこから14日間の隔離期間を経ての出場だった。間に合っても1試合か2試合という強行スケジュールだったが、本人が“Tリーグの試合に出たい”と強く希望したことを三原監督(ニッペM)は明かす。

「シャンがいることによって、オーダーもいろんな組み換えができる。大きな1点」指揮官も信頼を寄せるベテランの1勝で、チームは勢いに乗る。

続く第3マッチに登場したエース・加藤美優(ニッペM)がエリザベタ・サマラ(名古屋)に勝利し、ニッペMが勝利を決めた。


写真:加藤美優(日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

「純粋に卓球の試合がしたかった」

「隔離明けで慣れるのは時間がかかりましたが、勝てて良かったです」と試合後、笑顔を見せたシャン・シャオナ。「Tリーグで試合したかったですし、純粋に卓球の試合がしたかった」と試合ができる喜びを噛みしめる。

ニッペMは、加藤美優と馮天薇(フォンティエンウェイ)の“ツインエース”に加えて、シャン・シャオナが揃ったベストメンバーで、チーム3勝目を勝ち取った。シャン・シャオナも「2人のパフォーマンスが高いので、安心して試合に取り組める」とチームメイトを称える。


写真:馮天薇(日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

“日本の好きなところは”という質問に「全部好き」と答えるシャン・シャオナの奮闘で、年内最終戦を白星で終えたニッペM。
「ファイナルに向けて巻き返す。勝つためのオーダーを考えます」と三原監督は、来年1月22日から始まる後半戦に気持ちを向けていた。


写真:日本ペイントマレッツメンバー/提供:©T.LEAGUE

◯日本ペイントマレッツ 3-1 トップおとめピンポンズ名古屋

◯永尾尭子/馮天薇 2-0 エリザベタ・サマラ/井林茉里奈
11-6/11-7

◯シャン・シャオナ 3-2 リン・イエ
11-3/9-11/11-8/9-11/11-7

〇加藤美優 3-1 エリザベタ・サマラ
11-7/11-6/8-11/11-3

馮天薇 1-3 ◯ハン・イン
11-7/4-11/8-11/2-11

ダブルスを制すものがTリーグを制す!?『データでみるTリーグ

ダブルスで勝利するとその試合に勝つ確率は70%以上ってホント?
サーブよりレシーブで点数を稼ぐ選手は存在する?
Tリーグ出場選手の最も多い年代は25〜29歳?

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt