【Tリーグ】日本ペイント今季2勝目 琉球・吉村兄弟、揃って勝利で年内有終の美 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村真晴(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 【Tリーグ】日本ペイント今季2勝目 琉球・吉村兄弟、揃って勝利で年内有終の美

2020.12.25 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月24日(木)>

24日、卓球Tリーグは女子2試合、男子1試合が行われた。

日本ペイントが日本生命に今季初勝利


写真:馮天薇日本ペイントマレッツ)/提供:©T.LEAGUE

女子は3位日本ペイントマレッツが2位日本生命レッドエルフに今季初勝利でシーズン2勝目を挙げた。日本ペイントはシンガポール代表でロンドン五輪銅メダリストの馮天薇(フォンティエンウェイ)が単複で2勝の活躍を見せると、エースの加藤美優も昨季MVPの森さくらとの接戦を制した。日本生命は早田ひながリーグ単独トップの12勝目を挙げた。

続いて首位を走る木下アビエル神奈川が4位トップおとめピンポンズ名古屋に3-1で勝利し、8連勝を飾った。KA神奈川は、東京五輪代表のエース石川佳純が今季無敗の7連勝と安定感を見せている。一方、名古屋は開幕から勝ち星無しの10連敗を喫した。

男子琉球アスティーダと岡山リベッツ戦は、琉球が3-1で勝利。吉村兄弟が揃ってシングルスで勝ち星を挙げ、兄・真晴はリーグトップタイの8勝目で年内最終戦を締めくくった。岡山は吉田雅己が今季好調の戸上隼輔に3-0のストレート勝ちで一矢報いた。

>>大阪ダービーは日本ペイントに軍配 “ツインエース”の加藤美優・馮天薇「勝てて嬉しい」

男子はシーズン前半戦終了 琉球が首位で折り返す

Tリーグ男子は全42試合のうち前半戦の23試合が終了した。

首位を走る琉球アスティーダは14試合を終えて、12勝2敗。勝ち点36で2位との勝ち点差を15に広げている。開幕戦では敗れたものの、その後はTリーグ男子初の9連勝も記録し、ビクトリーマッチにもつれた5試合をすべて制する勝負強さを見せている。選手別ではキャプテンの吉村真晴と戸上隼輔がともに8勝3敗、宇田幸矢も7勝5敗と勝ち星を稼いでいる。また、ダブルスも吉村和/宇田ペアが5勝4敗、有延/平野ペアが2勝0敗と前半戦で2組の強力ペアを整えられたことも後半戦に向けて大きな収穫だ。

一方で日程の都合で試合消化数が少なかった2位以下の3チームにもファイナル(レギュラーシーズン2位以上で行われる優勝決定戦)出場のチャンスがある。2位木下マイスター東京(5勝5敗。勝ち点21)、3位岡山リベッツ(4勝8敗、勝ち点14)、4位T.T彩たま(2勝8敗、勝ち点10)と琉球以外は勝ち越しチームが無い状況だが、試合数が多いシーズン後半戦での巻き返しを狙う。

水谷隼が単複14勝


写真:水谷隼(木下マイスター東京)/提供:©T.LEAGUE

個人別では木下マイスター東京の水谷隼がシングルス8勝3敗、ダブルス6勝1敗とリーグ最多の単複14勝を稼いでいる。今季は国際大会を辞退してTリーグに懸けているベテランの勝負強さが光る。

昨季までドイツリーグでプレーしていた及川瑞基(木下マイスター東京)が6勝、スウェーデンリーグからの移籍となった英田理志(T.T彩たま)が4勝と海外からの帰国組も活躍した。

また、新型コロナウィルス陽性で一時チームを離脱した松平健太(T.T彩たま)が復帰後に気を吐き5勝。岡山リベッツの丹羽孝希と吉田雅己もともに5勝でチームの勝ち頭となっている。

今季は新型コロナウィルス感染防止対策のため、11月、12月は無観客開催となった。当初は、昨季までとは異なる静まり返った会場での緊張感に選手も戸惑いを見せていたが、ベンチ入り選手やチームスタッフが会場で応援をし、出場選手を盛り立てた。

Tリーグは25日に女子2試合が行われ、年内の全日程を終了する。年明けは1月20日から有観客にて再開される予定だ。

>>愛息の誕生日に吉村和弘覚醒 「パパらしい試合ができた」と丹羽にストレート勝ち

Tリーグ12月24日の結果


写真:石川佳純木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

日本ペイントマレッツ 3-1 日本生命レッドエルフ


写真:日本ペイントマレッツメンバー/提供:©T.LEAGUE

〇永尾尭子/馮天薇 2-1 前田美優/赤江夏星
11-8/4-11/11-8

加藤美優 3-2 森さくら
3-11/11-8/11-9/10-11/14-12

サウェータブット・スターシニー 1-3 〇早田ひな
11-7/9-11/10-11/4-11

〇馮天薇 3-1 陳思羽
10-11/11-5/11-7/11-3

木下アビエル神奈川 3-1 トップおとめピンポンズ名古屋


写真:木下アビエル神奈川/提供:©T.LEAGUE

長﨑美柚/浜本由惟 2-0 鈴木李茄/リン・イエ
11-5/11-7

〇石川佳純 3-1 ハン・イン
7-11/11-5/11-9/11-8

木原美悠 2-3 〇エリザベタ・サマラ
11-10/10-11/10-11/11-3/12-14

〇長﨑美柚 3-0 リン・イエ
11-7/11-9/11-9

岡山リベッツ 1-3 琉球アスティーダ


写真:吉田雅己(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

サティアン・グナナセカラン/森薗政崇 0-2 〇有延大夢/平野友樹
8-11/6-11

丹羽孝希 0-3 〇吉村和弘
9-11/10-11/9-11

サティアン・グナナセカラン 0-3 〇吉村真晴
7-11/10-11/5-11

吉田雅己 0-3 〇戸上隼輔
11-10/11-10/11-10

>>Tリーグ、1月から待望の有観客開催 ダイナミックプライシングも導入

Tリーグ次節 12月25日のカード

12:00-日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川
16:30-日本ペイントマレッツvsトップ名古屋

Tリーグ2020.12月前半男子月間ハイライト

Tリーグ2020.12月前半女子月間ハイライト

ダブルスを制すものがTリーグを制す!?『データでみるTリーグ

ダブルスで勝利するとその試合に勝つ確率は70%以上ってホント?
サーブよりレシーブで点数を稼ぐ選手は存在する?
Tリーグ出場選手の最も多い年代は25〜29歳?

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt