Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.20

石川佳純と美人カットマン・徐孝元が激突 KA神奈川が首位独走<11/20 KA神奈川 vs 名古屋>

石川佳純(木下アビエル神奈川)

*写真は石川佳純(木下アビエル神奈川)/©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月20日(火)福井県営体育館>

11月20日、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)とトップおとめピンポンズ名古屋(以下、名古屋)が対戦した。福井県営体育館に来場した906人の観客が見守る中での試合になったが、2大エース石川佳純袁雪嬌を擁するホームのKA神奈川が4-0での完封勝利を収めた。

KA神奈川 VS 名古屋 各マッチの解説

1番:長﨑美柚/森薗美月 2-0 森薗美咲/鈴木李茄

ホームのKA神奈川は1番ダブルスに次世代エースとの呼び声が高い長崎美柚と森薗美月を据えた。対する名古屋は森薗美咲と鈴木李茄のペアが登場。森薗美月と森薗美咲のいとこ同士がぶつかる構図になった。

第1ゲームは序盤に点数を重ねたKA神奈川ペアがペースをつかみ、難なく先制することに成功した。

第2ゲームも流れは変わらず、長崎のチキータレシーブが決まるなど、KA神奈川のリードが続く。途中で追いつかれる場面もあったが、KA神奈川ペアが逃げ切り、1番ダブルスの勝利を決めた。

2番:袁雪嬌 3-0 呉穎嵐

2番シングルスに登場したのは、KA神奈川が袁雪嬌(エン・シュエジャオ)、名古屋が呉穎嵐(ウ・ウィンナム)の海外選手。世界トップレベルの試合を楽しむことができる、Tリーグらしいカードになった。

第1ゲームの主導権を奪ったのは袁。厳しいコース取りとパワーのあるボールで呉に攻撃を許さず、11-5でゲームを取得した。

第2ゲームも袁の展開が続く。台に近い位置で鋭い攻撃をするだけでなく、男子選手のようなロビングを見せるなど、守りの展開でも強さを見せた袁がゲームを連取。ロビングの場面では、あまりの袁の強さに会場にどよめきが起きた。

第3ゲームになっても呉は有効な打開策を見つけられず、袁が11-5で軽々とゲームを取得しストレート勝ち。KA神奈川の勝利に王手をかけた。

3番:浜本由惟 3-2 安藤みなみ

3番シングルスには浜本由惟(KA神奈川)と安藤みなみ(名古屋)が登場。大学女王でもある安藤みなみにとって、この試合がTリーグのデビュー戦となった。

第1ゲームは5-5まで接戦模様となったが、バック面の異質ラバーによる変化を駆使した安藤が徐々にリードを広げる。浜本のハイトスサーブに苦しみながらも、ラリーの安定感で上回った安藤が11-8で先制した。

第2ゲームもお互いに自身の強みを活かした得点を積み重ねるが、10-9でリードした安藤が持ち味のカウンタースマッシュを決め、11-9と連取。勝利に王手をかけた。

第3ゲームに入り、後がない浜本はミドルのコースを積極的に攻めるように戦術を転換。この戦術が功を奏し、安藤にミスが出始める。10-6とリードした浜本がバックハンドの強打を決めて、1ゲームを奪い返した。

第4ゲームもシーソーゲームになったが、9-9の場面でサーブをもった浜本がロングサーブを左右に出し分け、連続ポイント。戦術変更によって生み出した良い流れに乗って、追いつくことに成功した。

Tリーグのルールで6-6からスタートするファイナルゲーム。第3ゲーム以降に有効だった戦術を徹底して実践した浜本がスタートダッシュを決める。そのまま浜本がパワーで押し切り、11-7で逆転勝利を収めた。安藤もミドルのボールをボディワークで攻略するなど粘りを見せたが、浜本の勢いを止めることはできなかった。この勝利と同時にKA神奈川のチームマッチ白星も決まった。

4番:石川佳純 3-0 ソヒョウォン

チームマッチの勝敗が決まっても4番まで実施するTリーグ。4番にはKA神奈川エースの石川佳純と、美人カットマンとして人気を集めている名古屋のソが登場した。球界屈指の人気選手2名の対戦とあって、両者のコート入りの際には会場の歓声も最高潮に達した。

注目の第1ゲームは、石川がミドルのコースを巧みに使う戦術でチャンスメイクに成功し、11-6で取得。ミドルに軽くつなぐボールと、左右に打ち分ける強打をうまく組み合わせ、ソヒョウォンを翻弄した。

カットの展開は苦しいと判断したソヒョウォンは、第2ゲームになって積極的に攻撃をしかける。この作戦は有効に作用したが、石川のラリーでの安定感がひとつ上回り11-9で石川が連取した。

続く第3ゲームはシーソーゲームの様相に。7-7、8-8、9-9と進み、ついには10-10のデュースにもつれ込んだ。最後は石川が振り切り、勝利。首位・KA神奈川は開幕戦以来の4-0での勝利となり、勝ち点4をもたらした。

11/20 KA神奈川4-0 トップ名古屋

◯長崎美柚/森薗美月 2-0 森薗美咲/鈴木李茄
11-5/11-9

◯袁雪嬌 3-0 呉穎嵐
11-5/11-7/11-5

◯浜本由惟 3-2 安藤みなみ
8-11/9-11/11-6/11-9/11-7

◯石川佳純 3-0 ソヒョウォン
11-6/11-9/12-10

この試合のダイジェスト動画はコチラ

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
石川佳純(木下アビエル神奈川)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」