Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.20

早田が圧勝でチームに貢献 日本生命は2位をキープ<11/20 ニッペM vs 日本生命>

早田ひな(日本生命レッドエルフ)

*写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/©️T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月20日(火)いしかわ総合スポーツセンター>

20日、日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)と日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)が対戦した。日本生命の中国ペアが1番手を獲得し、流れを作ると、前田美優が世界ランキング上位選手である李皓晴を撃破。3番手は日本生命の2枚看板である早田ひな松平志穂に3-0で快勝し、エースの仕事を果たし、日本生命の勝利を決めた。

ニッペM vs 日本生命 各マッチの解説

1番:馮天薇/田代早紀 1-2 常晨晨/蒋慧

ニッペMの一番手を担うのは、ニッペMのエースの馮天薇と、キャプテン・田代早紀のペア。対する日本生命は常晨晨/蒋慧ペアだ。試合は第1ゲーム、馮/田代ペアが圧巻のプレーを披露し、11-4と大差で先取した。対する常/蒋ペアも負けじと第2ゲームを11-4で取り返し、その流れをキープしたまま最終ゲームへ。常/蒋ペアが9-6と一気に引き離し、そのまま11-9でこのゲームを取り、勝利した。

2番:李皓晴 1-3 前田美優

2番手はニッペMの頼れる中堅、李皓晴が出場。日本生命は髪型を変え、気合の入った前田美優をオーダーした。世界ランキングでは李皓晴が上位ではあるが、前田は第1ゲーム、ミスを恐れず積極的な攻撃を続け、8-3と引き離す。そこから李皓晴の猛烈な反撃にあうも、12-10でこのゲームを制す。そして前田は第2ゲームを11-3で奪取し、勝利に王手をかける。

あっさり負けることは許されない李皓晴が第3ゲームを取り返すも、第4ゲームは前田がデュース戦を勝負強く制し、2番手を勝ち取った。

3番:松平志穂 0-3 早田ひな

3番手、ニッペMは会場である石川県出身の松平志穂が、日本生命は平野美宇と並んで2枚看板である早田ひなが登場した。早田は18日の木下アビエル神奈川戦で袁雪嬌に勝利し勢いに乗っている。この試合も圧巻の攻撃力で松平を3-0で完封。日本生命の団体戦勝利を決定させた。

4番:馮天薇 3-2 蒋慧

敗北が決定したニッペMだが、より多くの勝ち点を相手に与えないためにも、この勝負は落とせない。ニッペMはエースの馮を、日本生命は中国超級で活躍した蒋をオーダーした。第1ゲームは蒋が先取するも、第2、3ゲームは馮が老獪なプレーで取り返す。第4ゲームを蒋が11-6で奪い返し、勝負は最終ゲームへ。蒋が10-8でマッチポイントを握り、勝ったかと思われたが、そこから馮が猛烈な勢いで反撃し、逆転勝利を飾った。

11/20 日本ペイントマレッツ 1-3 日本生命レッドエルフ

馮天薇/田代早紀 1-2 ◯常晨晨/蒋慧
11-4/4-11/9-11

李皓晴 1-3 ◯前田美優
10-12/3-11/11-6/10-12

松平志穂 0-3 ◯早田ひな
5-11/2-11/5-11

◯馮天薇 3-2 蒋慧
9-11/11-7/11-9/6-11/12-10

この試合のダイジェスト動画はコチラ

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
早田ひな(日本生命レッドエルフ)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」