Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.26

【卓球・Tリーグ】石川佳純「このまま優勝」KA神奈川が白星発進<10/26 KA神奈川vsニッペM>

石川佳純

*写真は石川佳純木下アビエル神奈川

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月26日(金) アリーナ立川立飛>

26日、Tリーグ木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)と日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)の試合が東京のアリーナ立川立飛で行われた。エース石川佳純が率いるKA神奈川と、ロンドン銅の馮天薇(フォンティエンウェイ)を擁するニッペMの勝負の行方を1168名の観客が見届けた。

10/26女子Tリーグ KA神奈川 vs ニッペM

1番:石川佳純/木原美悠(KA神奈川) 2-1 田代早紀/松平志穂(ニッペM)

団体戦の流れを作る1番ダブルスに起用されたのは石川佳純/木原美悠ペア(KA神奈川)と田代早紀/松平志穂ペア(ニッペM)だった。互いに一歩も譲らずフルゲームまでもつれ込む試合展開になるが、最後は地力で上回るKA神奈川ペアが接戦をモノにし、貴重な先制点をあげた。

石川は勝利後のインタビューで「開幕戦で勝ちたいという強い気持ちで戦った。”カスミ”コールも力になった。このまま優勝目指して頑張りたい」とコメントし、喜びをあらわにした。

2番:袁雪嬌(KA神奈川) 3-0 馮天薇(ニッペM)

2番シングルスには、KA神奈川が中国から招集した秘密兵器・袁雪嬌と、ロンドン銅メダリスト馮天薇(ニッペM)が登場した。中国の超級リーグに参戦しているものの実力未知数であった袁が、メダリスト馮を圧倒しストレート勝ち。この勝利で袁はKA神奈川のツインエースとしてその名を世に轟かせた。

3番:石川佳純(KA神奈川) 3-1 李皓晴(ニッペM)

石川佳純(木下アビエル神奈川)

石川佳純(木下アビエル神奈川)

2点先取して勢いに乗るKA神奈川から登場したのはエース石川。なんとしても1本取り返したいニッペMは、中国香港の卓球界を牽引する李皓晴を投入した。世界ランクで上回る石川が圧倒するかと思われたが、李が1ゲームを先制し会場のムードはニッペに傾きかける。しかし石川がここから持ち味の高速卓球を発揮しながら立て直し、ゲームカウント3-1で見事に勝ちを収めた。これと同時にKA神奈川の初戦白星が決まった。

4番:浜本由惟(KA神奈川) 3-1 松平志穂(ニッペM)

浜本由惟(木下アビエル神奈川)

浜本由惟(木下アビエル神奈川)

チームの勝敗が決まってもTリーグでは4番まではマッチは続く。4番の勝敗によって勝ち点が変わるため、どちらのチームにとっても重要な試合となるが、この試合には浜本由惟(KA神奈川)と松平志穂(ニッペM)が出場した。浜本が幸先よく2ゲームを連取してTリーグ初の完封勝利に王手がかかる。松平が1ゲーム返すが反撃もここまで。KA神奈川が見事な完封勝利で勝ち点4を獲得した。

試合後の記者会見で、ニッペMの三原監督が初戦に加藤美優を起用しなかった理由を「加藤は疲労が残っており、右足の違和感もあったため」と語った。加えて馮天薇のコンディションも万全ではなかったことを明かした。

試合の方はKA神奈川の完封勝利となったが、応援団の熱い声援はニッペMも負けていなかった。今後も観客席からTリーグを盛り上げてる雰囲気が作られることが期待される。

10/26女子Tリーグ KA神奈川 4-0 ニッペM

◯石川佳純/木原美悠(KA神奈川) 2-1 田代早紀/松平志穂(ニッペM)
11-6/14-16/11-9

袁雪嬌(KA神奈川) 3-0 馮天薇(ニッペM)
11-9/11-2/17-15

◯石川佳純(KA神奈川) 3-1 李皓晴(ニッペM)
8-11/11-6/11-3/11-4

浜本由惟(KA神奈川) 3-1 松平志穂(ニッペM)
11-3/11-7/4-11/11-9

前半戦の詳細な試合結果はこちらから

この試合のダイジェスト動画はこちらから

女子開幕戦の結果はこちらから

文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」

【卓球・Tリーグ】日本ペイントにロンドン銅の馮天薇、他2選手が加入 盤石な布陣…
*写真は馮天薇(シンガポール)17日、Tリーグ・日本ペイントマレッツが新たに3選手の加入を発表した。Tリーグの参戦条件として、「直近2年以内に世界ランキングが10位以内である選手、あるいは、五輪・世界選手権で直近4年以内にシングルス3位であるか、団体優勝を経…

 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」

歴史的なTリーグ開幕をどんな形で迎えるのか。トップ選手たちの多くは、その命題と向き合ったはずである。日本生命で活躍し、2014年世界選手権東京大会の日本代表にも名を連ねた田代早紀も、産声をあげる新リーグと自らの未来を重ね、葛藤した一人だ。古巣を飛び出し…

 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」

【#1森薗美月】“初めて打った時、血が騒いだ”。卓球一家「森薗家」に生まれて
中目黒卓球ラウンジ――。中央に卓球台が置かれたオールドスタイルの店内。古き良き時代の空気が漂い、映画「ピンポン」の“チャイナ”こと孔文革が身につけていた辻堂学院のレプリカユニフォームが飾られている。少しそわそわした様子でこの場所を訪れたのが「プロ卓球…

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
石川佳純
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」