Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.25

【Tリーグ】丹羽が水谷に一矢報いる 「友達にガッツポーズ」<11/24 KM東京 vs 琉球>

丹羽孝希(琉球アスティーダ)

*写真:丹羽孝希(琉球アスティーダ)/ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月24日(土)青山学院記念館(大学体育館)>

24日、木下マイスター東京(以下、KM東京)のホーム戦が青山学院記念館で行われた。対戦相手は琉球アスティーダ(以下、琉球)だ。今日は、試合直前に選手のサイン入りボールが選手から観客に向かって投げられた。観客は手を振って、「こっちに投げて」と選手に合図をし、選手はそれに笑顔で応える。

そして、KM東京のホーム戦で毎度応援団を務めるJDアイドルのカレッジコスモスの応援団が登場。会場に詰めかけた2,100人超の観客の心を一つにすべく、ハツラツとしたパフォーマンスを披露した。

JDアイドルのカレッジコスモス

JDアイドルのカレッジコスモス

試合は、結果としてはKM東京が3-1で勝利をおさめ、開幕から6連勝となった。1番手の水谷隼/松平健太のダブルス、2番手の張本智和がストレートで圧勝し、今日もKM東京が圧倒すると思われたが、3番手で琉球の丹羽孝希が水谷に3-1で勝利し、会場を大いに盛り上げる。しかし最後はKM東京の大島祐哉が琉球のエース・荘智淵を3-0で破る活躍を見せた。

木下マイスター東京 VS 琉球アスティーダ 各マッチの解説

1番:水谷隼/松平健太 2-0 丹羽孝希/有延大夢

水谷隼(木下マイスター東京・左)、松平健太(右)

水谷隼(木下マイスター東京・左)、松平健太(右)


1番手に登場したのはKM東京の水谷/松平ペアと、琉球の同学年ペアである丹羽孝希/有延大夢だ。丹羽/有延は先日のT.T彩たま戦で初ペアリングで初勝利を挙げ、琉球の新たなエースダブルスとして期待がかかる。試合は第1ゲーム、KM東京ペアが7-9とリードされたところから4点連取でこのゲームを制する。第2ゲームは点差が常に2点以上開かないシーソーゲームの様相となるも、最後はデュース戦を14-12で取ったKM東京ペアに軍配が上がった。

2番:張本智和 3-0 陳建安

KM東京は男子Tリーグのシングルス戦績で4勝1敗とトップを走る張本を起用した。対する琉球は先日のT.T彩たま戦でチョン・ヨンシクに勝利を挙げた陳建安をオーダーした。試合はまさに“張本劇場”であった。第1ゲームは7-7まで競っていたものの、張本が3球目攻撃を的確に決め、11-8でフィニッシュ。陳は張本のサーブを上手くレシーブすることができず、最後まで流れを奪えずストレートで敗北した。

会場では張本コールが鳴り止まず、KM東京の勝利後のヒーローインタビューでは張本のコメント一言一言が終わるたび大きな拍手が送られた。張本も「会場ほぼ満員のお客さんが来てくれて、非常に気持ちよく試合ができた。明日も勝って7連勝するので、ぜひ来てください」と会場の雰囲気に満足の様子だった。

3番:水谷隼 1-3 丹羽孝希

丹羽孝希(琉球アスティーダ)

丹羽孝希(琉球アスティーダ)


3番手はKM東京の水谷隼、琉球の丹羽孝希が登場した。日本代表の人気選手対決とあって、会場のボルテージはマックスに。水谷、丹羽コールが終始止まなかった。試合は第1、2ゲームをそれぞれが1ゲームずつ奪い合い、第3ゲームに。水谷が5-8の劣勢から3点を連取し8-8として、水谷サーブ。これで勝ったかと思われたが丹羽が中陣からの打ち合いを制し、このゲームを奪い返す。これで流れが丹羽に傾いたか、ラリー戦で点数を重ね、勝利した。試合の最後には観客席に向かってガッツポーズ。これには会場も大盛り上がりであった。

丹羽は勝利後のインタビューで「今日は水谷さんもあまり本調子ではなかったと感じていた。本来は打ち合いになると負けてしまうが、今日は打ち勝てると思ったのでラリー主体で戦った。フォア対フォアではなく、自分からバックを攻めて、優位に立てたかなと思っている」とコメントし、中陣でのラリー戦を制した要因を分析した。また普段は冷静沈着な丹羽がガッツポーズをしたことについては「今日は友人が来ていたので、勝ったらそっちにガッツポーズをしようと思っていた」と語った。

4番:大島祐哉 3-0 荘智淵

大島祐哉(木下マイスター東京)

大島祐哉(木下マイスター東京)


丹羽が金星を挙げ、勢いに乗る琉球はエースの荘智淵を投入した。対するKM東京は大島祐哉を起用した。荘は世界ランキング上位の選手であるため、接戦になると思われたが、試合は大島の一方的な展開に。サーブ・レシーブ、そしてラリーでも上回った大島が荘を3-0で圧倒し、KM東京の6勝目を決めた。

11/24木下マイスター東京 3-1 琉球アスティーダ

◯水谷隼/松平健太 2-0 丹羽孝希/有延大夢
11-9/14-12

◯張本智和 3-0 陳建安
11-8/11-4/11-8

水谷隼 1-3 ◯丹羽孝希
9-11/11-9/8-11/9-11

◯大島祐哉 3-0 荘智淵
11-2/11-7/11-7

ダイジェスト動画はこちらから

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
丹羽孝希(琉球アスティーダ)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」