Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.21

丹羽が圧巻の2点取り「ダブルスは僕ら日本人で」<11/21 彩たま vs 琉球>


*写真:丹羽孝希(琉球アスティーダ)/ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月21日(水)サイデン化学アリーナ>

21日、T.T彩たまのホーム戦第2戦が、埼玉・サイデン化学アリーナにて行われた。対戦相手は琉球アスティーダである。

昨日のホーム戦初戦では、5番手のビクトリーマッチまでもつれた末、T.T彩たまが勝利している。しかし、今回は打って変わって、琉球アスティーダが4戦全勝という内容になった。1番手のダブルスで、初ペアリングとなった丹羽/有延の同級生ペアが2-0でストレート勝利で、勢いをつけたことが今回の勝因であると言えるだろう。

ハーフタイムに行われたダンスチーム「TERRA」によるパフォーマンス

ホームのT.T彩たまは負けてしまったものの、会場では、タイムアウト、ゲーム間に掛け声「GO!GO!(選手のあだ名)!」という応援フレーズが飛び交ったり、ダンスチーム「TERRA」によるパフォーマンスが行われ、大盛況であった。

T.T彩たまvs琉球アスティーダ 各マッチの解説

1番:黄鎮廷/吉村真晴 0-2 丹羽孝希/有延大夢

1番手はT.T彩たまの黄鎮廷/吉村真晴ペアと丹羽孝希/有延大夢ペアの対戦となった。

第1ゲームは丹羽/有延ペアが巧みなサーブから3球目攻撃を仕掛け、先取。第2ゲームも丹羽/有延ペアの勢いは止まらない。丹羽の高速カウンターや、有延の威力抜群のチキータが炸裂し、リードを奪った。9-7と琉球ペアがリードしたところで、T.T.彩たま・吉村もチキータで反撃。デュース戦に突入したが、最後は好調の有延がチキータでフィニッシュし、琉球ペアが1番ダブルスをものにした。

丹羽はこの勝利について「僕らのチームには荘智淵と陳建安という名ダブルスがいるけど、その二人がダブルスで出場してしまうと、ルール上どちらかがシングルスに出場できなくなってしまう。だからこそ日本人同士のペアでもう1ダブルス欲しいと思っていたので、チームに貢献できて嬉しい」とチームへの思いを交えつつ語った。

2番:チョンヨンシク 0-3 陳建安

陳建安(琉球アスティーダ)

陳建安(琉球アスティーダ)


2番手はT.T彩たまのエース、チョンヨンシク対、琉球の“ボンバーマン”陳建安の対戦となった。

第1ゲームは陳建安が鋭いカウンターでリズムを作ると、得意の3球目攻撃から大量リードを奪う。最後はチョンにまさかのサーブミス。陳が1ゲーム先制した。

第2ゲーム、陳が引き続き優勢に。台からサーブを少しだけ出して、チョンに持ち上げさせたところを狙い撃ち。チョンも負けじと仕掛けるも、陳のカウンターに遭いこのゲームを落としてしまう。

第3ゲームは両者譲らぬシーソーゲームの様相になったが、陳が8-8の場面でチョンのチキータを狙って3球目攻撃。勝負強さを見せた陳が最後は強烈なフォアハンドでフィニッシュ。琉球が2勝と勝利に王手をかけた。

3番:平野友樹 0-3 丹羽孝希

勢いが止まらない琉球アスティーダ。3番手に丹羽孝希が登場。T.T彩たまは平野友樹が出場した。

11/17の木下マイスター戦でも、松平を破る活躍を見せた平野は序盤から気迫溢れるプレーを見せる。対する丹羽は3球目から平野の予測を外す速攻プレーで得点を重ねる。巧みなコース取りで、丹羽が第1ゲームを奪った。

第2ゲームも引き続き丹羽のプレースメントが光る。丹羽は、平野のフォアハンドを防ぐために、上手く平野のミドルを突き、リードをキープする。丹羽孝希がそのまま逃げ切り、このゲームをものにした。

第3ゲーム目、丹羽が1-0としたところでロビングで平野の攻撃を凌ぎ、チャンスを見てカウンター。流れが行きかねない状況にたまらずT.T彩たまベンチはタイムアウト。その後平野は得意のYGサーブを起点に6-10から巻き返すが、最後は丹羽が平野のレシーブミスを誘い、勝利した。

丹羽はこのシングルスについて「平野は何度か対戦していて慣れているのもあったが、自分の調子も良かった。平野のフォアハンドを防ぐために、サーブで崩して、バックを攻めるパターンがうまく行った」と勝因を語った。

4番:黄鎮廷 2-3 荘智淵

荘智淵(琉球アスティーダ)

荘智淵(琉球アスティーダ)


4番手は琉球の荘智淵対T.T彩たま・黄鎮廷。世界のトップランカーの試合が見られるTリーグらしい対戦カードとなった。

第1ゲームは黄が9-7とリードするも、荘が勝負強く4連続ポイントでこのゲームを奪う。第2ゲームもサーブ・レシーブで先手を握る荘ペースで試合が進む。黄はより先に攻めるべく、チキータを多用。レシーブで主導権を握り、このゲームを取り返した。

第3ゲーム、黄のチキータを防ぎたい荘はフォア前へのサーブを増やし、得点を重ねる。しかし、荘のサーブに慣れ始めた黄の4球目攻撃の決定率が飛躍的に上がり、ラリー序盤で優位に立った黄がこのゲームを奪取する。

ここで簡単に負けないのが大ベテランの荘智淵。第4ゲームはラリー中に黄のミドルを突くことで黄の思い切ったフォアハンド攻撃を防ぎ、勝負は最終ゲームへ。

6-6から始まる最終ゲームは荘がファーストポイントをネットインで運良く獲得すると、流れが一気に荘へ。10-6とマッチポイントを握った。黄のスーパーラリーが炸裂し、なんとそこから3連続得点で9-10となるも、荘は流れを渡さず、11-7で勝負を決めた。

T.T彩たまの坂本監督は今回の敗北について「選手も11月のワールドツアーから連戦で疲弊していた。正直オーダーを変えようか迷ったくらいだ。ただ、今回負けたからと言ってそこを次のオーダーに反映することは考えてない。若手にも出場機会をどんどん与えていきたいし、とにかく、色々な選手に試合に出てもらって成長の機会を与えたい」と敗因を分析しつつ、長期的な目線でオーダーを組む姿勢を示した。

11/21Tリーグ T.T彩たま vs 琉球アスティーダ

黄鎮廷/吉村真晴 0-2 ◯丹羽孝希/有延大夢
7-11/10-12

チョンヨンシク 0-3 ◯陳建安
4-11/8-11/8-11

平野友樹 0-3 ◯丹羽孝希
6-11/7-11/11-13

黄鎮廷 2-3 ◯荘智淵
9-11/11-8/11-9/7-11/9-11

ダイジェスト動画はこちらから

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」