Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.10.28

【卓球・Tリーグ】森薗・上田が水谷組破る<10/28 KM東京vs岡山>


<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 10月28日(日)武田テバオーシャンアリーナ>

Tリーグ名古屋ラウンド最終戦はここまで2連勝の木下マイスター東京と、1勝1敗の岡山リベッツの対戦となった。

1番のダブルスのオーダーがコールされた瞬間、会場がどよめいた。

岡山リベッツ白神監督がTリーグ開幕後、初めてダブルス巧者の森薗・上田ペアを起用したのだ。これにより、シングルスでもポイントが計算出来る上田、森薗のいずれかが4番までに出場出来ないリスクを負うことになるが、木下マイスター東京の唯一の弱点であるダブルスを倒し、一気に試合の流れを掴みに行くという意図の思い切ったオーダーだ。

※Tリーグでは1番のダブルスに出場した選手のうち片方しか2番〜4番のシングルスに出場できない規定となっている。

木下マイスター東京vs岡山リベッツ(前半戦のスコア)

1番:水谷隼・田添健汰1-2上田仁・森薗政崇

前日に急遽ペアを組み1勝している水谷・田添組に対し、ダブルス巧者の上田、森薗は台上プレーで先手を取り、ラリーでも思い切ったプレーを連発。ここまでダブルス全勝だった木下マイスター東京に初めて土をつけた。

2番:松平健太 3-1 横山友一

松平が横山を圧倒するかに思われたが、横山が得意のバックハンドを活かした攻撃で1ゲームを奪う善戦を見せる。最後は地力の差を見せた松平健太が安定したプレーで3-1で勝利した。

後半に張本、水谷のシングルスが控える木下マイスター東京に対し、リベッツがチームワークで立ち向かう。後半戦の結果はいかに。

ハイライト映像はこちら

木下マイスター東京vs岡山リベッツ(前半戦のスコア)

水谷隼・田添健汰1-2◯上田仁・森薗政崇
9-11/11-8/7-11
◯松平健太 3-1 横山友一
11-8/11-5/10-12/11-6

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」