Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.11.15

【卓球・Tリーグ】名古屋初のホーム戦 フルゲームの死闘経て1-1で折り返す<11/15 名古屋vs日ペM 前半戦>

田代早紀(日本ペイントマレッツ)

*写真:田代早紀(日本ペイントマレッツ)/撮影:ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 11月15日(木)武田テバオーシャンアリーナ>

11月15日、日本ペイントマレッツ以下、ニッペM)対トップおとめピンポンズ名古屋(以下、名古屋)の試合が武田テバオーシャンアリーナで開催された。トップ名古屋の地元である名古屋市での開催とあって、ハッピをまとった地元の応援団の声援が飛び交う中始まった。

1番:森薗美咲/鄭怡静(名古屋) 1-2 田代早紀/李皓晴(ニッペM)

1番のダブルスに起用されたのは、日本ペイントマレッツ・田代早紀/李皓晴(リ・ホチン)ペアとトップ名古屋・森薗美咲/鄭怡静(チェン・イーチン)ペアだ。

第1ゲームは日本ペイントマレッツが先行するも、怒涛の7連続ポイントでトップ名古屋が巻き返し、先制。第2ゲームは田代のレシーブエースで勢いづき日本ペイントマレッツが先行。トップ名古屋も追いつきデュースにもつれ込む。だが、日本ペイントマレッツが接戦を制し2ゲーム目を取り返した。

第3ゲームは鄭怡静の強烈なフォアハンドが炸裂、その後も鄭怡静のキレのあるツッツキが田代のオーバーミスを誘う。だが田代・李ペアも突き放されずに追いすがる。最後はネットインという結果で田代・李ペアが勝利。逆転勝利で1番手を日本ペイントマレッツが制した。

2番:呉穎嵐(名古屋) 3-2 松平志穂(ニッペM)

2番手はトップ名古屋の呉穎嵐(ウ・ウィンナム)と日本ペイントマレッツの松平志穂が登場。バックでコースをついてパワフルなフォアで仕留めたい呉。一方の松平はしゃがみ込みサーブで相手を崩し、甘く返ってきたところを狙う戦法だ。

第1ゲームは松平のしゃがみ込みが炸裂し先制するも、呉も逃さず4−4に追いつく。が要所要所で松平のしゃがみ込みサーブから崩しポイントを積み重ね、11−7で松平が先取した。

第2ゲームでは呉がラリー戦での強さを発揮。終始ペースを握り、6点連続で先取。得意のYGサーブのサービスエースも炸裂、松平を封じ11−3で呉が取り戻す。

第3ゲームは松平が先制するも呉の松平のバック側を撃ち抜く豪快なフォアドライブも炸裂し、呉が先行する展開に。松平も追いすがるが、呉はしゃがみ込みサーブへの対応も進み、ラリーでの呉が強さも発揮。11−6で呉が王手をかけた。

第4ゲームは打って変わって松平ペース、サーブから呉を崩し11−4で取得、フルゲームへもつれ込んだ。

第5ゲームは6−6からスタート。呉がバックに長いサーブを入れ、フォアで仕留める戦法が功を奏し、呉がねじ伏せ、Tリーグで嬉しい勝利をもぎ取った。

11/15女子Tリーグ 名古屋 1-1 ニッペM

森薗美咲/鄭怡静(名古屋) 1-2 ◯田代早紀/李皓晴(ニッペM)
11-5/10-12/9-11

◯呉穎嵐(名古屋) 3-2 松平志穂(ニッペM)
7-11/11-3/11-6/4-11/11-7

ダイジェスト映像はこちら

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
田代早紀(日本ペイントマレッツ)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」