張本圧勝 松平健太が予選リーグ敗退の波乱【2018世界卓球(団体)代表選考会・男子1日目】


文:中川正博(ラリーズ編集部)
<12月23日〜24日 2018年世界卓球選手権ハルムスタッド大会(団体戦)男女日本代表最終選考会@宮城県:宮城野体育館(元気フィールド仙台)>

世界卓球選手権代表選考会:注目の男子予選リーグのドローは?

今年も世界選手権の代表の座をかけた国内トップレベルの戦いが繰り広げられた。

2018年の世界選手権はスウェーデンのハルムスタッドで行われる予定であり、団体戦の代表メンバーとなるべく、男女各12名が宮城に集結した。

全試合が5セットマッチで行われ、初日は3名1組の予選リーグ。1位のもののみ2日目の決勝トーナメントへ進出できる。毎年実力の拮抗したトップ選手が集い、ドローも当日に行われるため、想像をはるかに超えるレベルの高い試合が繰り広げられる。

今大会の注目の男子予選リーグのドローの結果は以下となった。
グループA:松平健太、吉村和弘、高木和卓
グループB:張本智和、木造勇人、田添健汰
グループC:吉田雅己(※土に口)、村松雄斗、平野友樹
グループD:大島祐哉、森薗政崇、酒井明日翔

世界卓球選手権代表選考会:2日目の男子決勝トーナメントに進んだのは?

世界ランク最高位の松平健太が敗退。波乱のグループA

昨年も2017世界卓球(個人戦)の予選会で優勝しており、決勝トーナメント進出が期待された松平健太が予選リーグで敗退した。
松平健太をフルゲームの末破り、グループAを突破したのは名門実業団の東京アートで活躍する高木和卓だった。高木和は初戦で吉村和弘にもフルゲームで勝っており、全勝で予選リーグを突破した。

注目の張本智和が圧倒的な力でグループBを突破

今大会最も注目されている張本智和が、圧倒的な力を見せた。2017世界卓球日本代表(混合複)の田添健汰とインターハイ三冠王の木造勇人を立て続けにストレートで破り、決勝トーナメント進出を決めた。危なげない戦いぶりで、田添と木造はともに自分のペースをつかむことができなかった。

実力者、吉田雅己がグループCを制覇

吉田は同じ協和発酵キリンの平野をストレートで下し、海外リーグで活躍する村松にも3-1で勝利。決勝トーナメント進出を果たした。2日目の準決勝では勢いに乗る張本と対戦する。

グループDのグランドファイナル・ダブルス金メダリスト対決は大島祐哉が制す

今年のITTFグランドファイナルのダブルスで金メダリストとなった大島と森薗が同じリーグとなったグループD。注目の二人の対戦は大島のストレート勝ち。互いの手を知り尽くしているため、やりにくさのあるペアとの戦いを制した。同リーグの酒井にも3-1で勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。準決勝では高木和と対戦する。

12月23日の男子の試合結果は以下の通り。

2018年世界選手権代表選考会:男子結果

グループA

吉村和弘 2-3 高木和卓
松平健太 2-3 高木和卓
松平健太 3-0 吉村和弘

グループB

木造勇人 3-2 田添健汰
張本智和 3-0 田添健汰
張本智和 3-0 木造勇人

グループC

村松雄斗 1-3 平野友樹
吉田雅己 3-0 平野友樹
吉田雅己 3-1 村松雄斗

グループD

森薗政崇 3-2 酒井明日翔
大島祐哉 3-1 酒井明日翔
大島祐哉 3-0 森薗政崇

試合結果の見方

表記ルール: 選手名A ゲーム数-ゲーム数 選手名B

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする