みまひなが順当に予選突破【2018世界卓球(団体)代表選考会・女子1日目】


文:中川正博(ラリーズ編集部)
写真:Getty images
<12月23日〜24日 2018年世界卓球選手権ハルムスタッド大会(団体戦)男女日本代表最終選考会 宮城県:宮城野体育館(元気フィールド仙台)>

世界卓球選手権代表選考会:注目の女子予選リーグのドローは?

今年も世界選手権の代表の座をかけた国内トップレベルの戦いが繰り広げられた。
2018年の世界選手権はハルムスタッドで開催予定であり、団体戦の代表メンバーとなるべく、男女それぞれ12名が宮城に集結した。

全試合が5セットマッチで行われ、初日は3名1組の予選リーグ。1位のもののみ2日目の決勝トーナメントへ進出できる。毎年実力の拮抗したトップ選手が集い、ドローも当日に行われるため、想像をはるかに超えるレベルの試合が繰り広げられる。

今大会の注目の女子予選リーグのドローの結果は以下となった。
グループA:伊藤美誠、森さくら、加藤杏華
グループB:佐藤瞳、浜本由惟、長﨑美柚
グループC:早田ひな、橋本帆乃香、森薗美月
グループD:加藤美優、芝田沙季、田代早紀

世界卓球選手権代表選考会:2日目の女子決勝トーナメントに進んだのは?

伊藤美誠が順当にグループAを突破

国際大会の経験を多く積んでおり、先日のITTFグランドファイナルのダブルス銀メダリストの伊藤が森と加藤(杏)との試合をともに3-1で制し、全勝で決勝トーナメント進出を決めた。

カットマン佐藤瞳が二十歳のバースデーにグループBの覇者に

混戦が予想されたグループBを突破したのは佐藤瞳。佐藤は初戦で長崎とのフルゲームを制したことが大きかった。2戦目の浜本には危なげなく勝利し、全勝で決勝トーナメント進出を決めた。

好調の早田ひながグループCで完勝

T2APACに出場するなど、伊藤と同じく世界で力をつけており、グランドファイナルのダブルスで銀メダルを獲得している早田がグループCを突破した。早田は森薗、橋本それぞれにストレート勝ちを収めており、今大会唯一ゲームを奪われていない選手として2日目の決勝トーナメントに挑む。準決勝の対戦相手は佐藤に決まっている。

世界ジュニア3位の加藤美優がグループDを制す

今年の世界ジュニアで女子チームを牽引した加藤がグループDを抜けた。加藤は芝田、田代の両者に3-1で勝利し、他のグループ突破者と同じく、全勝で決勝トーナメントを迎える。準決勝では伊藤と対戦する。

12月23日の女子の試合結果は以下の通り。

2018年世界選手権代表選考会:女子結果

グループA

森さくら 3-2 加藤杏華
伊藤美誠 3-1 加藤杏華
伊藤美誠 3-1 森さくら

グループB

浜本由惟 1-3長﨑美柚
佐藤瞳 3-2長﨑美柚
佐藤瞳 3-0 浜本由惟

グループC

橋本帆乃香 2-3 森薗美月
早田ひな 3-0 森薗美月
早田ひな 3-0 橋本帆乃香

グループD

芝田沙季 3-1 田代早紀
加藤美優 3-1 田代早紀
加藤美優 3-1 芝田沙季

試合結果の見方

表記ルール: 選手名A ゲーム数-ゲーム数 選手名B

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする