不調ドイツに圧勝 中国9連覇達成【世界卓球2018・男子最終結果】


<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

1週間にわたって熱戦が繰り広げられた世界卓球が幕を閉じた。
地元スウェーデンの快進撃は、ワルドナー、パーソンなどの伝説の時代を彷彿とさせた。
一方日本男子は、水谷の怪我などもあり、メダルを逃してしまうなど、課題の残る大会となった。

今回は世界卓球の結果を振り返っていきたい。

世界卓球2018(団体) 最終結果

男子団体

世界卓球2018男子団体最終結果
優勝:中国(9連覇、21回目)
準優勝:ドイツ
3位:スウェーデン、韓国
ベスト8:オーストリア、ブラジル、イングランド、日本

文:ラリーズ編集部
写真:TT News Agency/アフロ
*写真は世界卓球2018男子団体で優勝した中国

関連リンク

【特集:Rallys×世界卓球2018】ハルムスタッドでの熱戦の模様を随時更新中
中国男子 24戦全勝で完全優勝【世界卓球2018・男子】
伊藤が一矢報い、価値ある銀メダル【世界卓球2018・日本女子】
日本男子、韓国に敗れメダル獲得ならず【世界卓球2018 男子準々決勝】
【東京2020期待の星】国際大会2連勝の20歳芝田沙季、五輪代表争いに食い込めるか

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする