卓球女子世界ランキング(11月発表)|2大会連続準優勝・伊藤美誠がポイントを加算 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ドイツOPでの伊藤美誠/提供:ittfworld

卓球世界ランキング 卓球女子世界ランキング(11月発表)|2大会連続準優勝・伊藤美誠がポイントを加算

2019.11.05 文:ラリーズ編集部

劉詩雯、孫穎莎がジャンプアップ

11月最新の卓球世界ランキングが発表された。10月のスウェーデンOP、ドイツOPのほか、女子ワールドカップなどの結果が反映された。

ランク1位は先月から変わらず陳夢(チェンメン・中国)。スウェーデンOPでは優勝を果たし、6月から6か月連続のトップの座を守った。女子ワールドカップで優勝した劉詩雯(リュウスーウェン・中国)が先月の5位から2位にランクアップ。7月以来の2位に返り咲いた。また、ドイツOPで優勝した孫穎莎は6位から3位にジャンプアップ。獲得ポイントが大きいプラチナ大会であるドイツOPで優勝したのは大きな意味を持つ。

また、ワールドカップで3位に入った33歳、馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)は12位から9位に。トップ10入りを果たすのは今年の4月以来だ。また、ワールドカップでその名を世界に知らしめたチャン・リリー(アメリカ)は48位から33位に順位を上げ、自己最高位を更新した。

>>2019女子ワールドカップ女王は劉詩雯

伊藤美誠が2大会連続準優勝により他の日本勢を突き放す


写真:左から孫穎莎伊藤美誠/提供:ittfworld

上位6人の中国勢に続く7位が日本の伊藤美誠。スウェーデンOPとドイツOPで2大会連続の準優勝を果たし、ポイントを積み上げた。しかし、昨年のスウェーデンOP優勝によるポイントが失効となったこともあり、6位とのポイント差を縮めることができたが、追い越すまでには至らなかった。

8位の石川佳純はワールドカップでベスト8に入ったが、他の大会では目立った好成績を残すことはできなかった。先月まで伊藤とのポイント差は200ほどだったが、11月ランキングではその差が約1500まで広げられた。先月9位の平野美宇は、馮天薇に押し出されるかたちで10位にランクダウン。終盤戦を迎えた五輪代表争いは伊藤美誠が優位に立った。

日本選手4番手は佐藤瞳。ドイツOPでベスト16に入り、先月からわずかにポイントを上げた。同じくドイツOPでベスト16の加藤美優は24位から21位にランクアップ。そして早田ひなが25位、芝田沙季が30位とつづく。

五輪代表争いも残すところあと2か月。上位3人によるデッドヒートに注目だが、大逆転を狙う4番手以降の選手たちの活躍にも注目だ。

>>【最新版】熾烈極める卓球五輪代表レース 2020年1月有効な世界ランキングポイント

女子世界ランキングトップ10

1(1) 陳夢(中国)  16965
2(5) 劉詩雯(中国)  15360
3(6) 孫穎莎(中国)  14895
4(3) 朱雨玲(中国)  14330
5(4) 王曼昱(中国)  14210
6(2) 丁寧(中国)  13910
7(7) 伊藤美誠(日本)  13340
8(8) 石川佳純(日本)  11805
9(12) 馮天薇(シンガポール)  11660
10(9) 平野美宇(日本)  11375
選手名右の数字はランキングポイント 順位右の()内は先月世界ランキング

>>卓球界、過去世界ランキング1位の日本人選手は?バドでは奥原希望が1位の快挙

日本女子世界ランキング(50位まで)

7(7) 伊藤美誠  13340
8(8) 石川佳純  11805
10(9) 平野美宇  11375
19(19) 佐藤瞳  8485
21(24) 加藤美優  8130
25(26) 早田ひな  7570
30(28) 芝田沙季  7025
34(36) 橋本帆乃香  6680
50(49) 長崎美柚 5460

>>卓球男子世界ランキング(11月発表)|ランクアップが止まらない神巧也、トップ50に迫る

男子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt