卓球女子世界ランキング(2021年第11週)|石川/平野ペア、女子ダブルスランク1位に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純・平野美宇ペア/提供:AFP/アフロ

卓球世界ランキング 卓球女子世界ランキング(2021年第11週)|石川/平野ペア、女子ダブルスランク1位に

2021.03.17 文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は16日、2021年第11週の世界ランキングを発表した。2021年より世界ランキングは新方式となり、以前の月1回の更新から毎週火曜日に1回更新される形式に変更されている。

今回の世界ランキングには、3月13日まで行われたWTTスターコンテンダードーハのポイントが反映されている。2大会連続優勝を飾った伊藤美誠(スターツ)はポイントを伸ばしたが、1位の陳夢(チェンムン・中国)には追いつけず、2位をキープした。

女子ダブルスでは平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)ペアがポイントを伸ばし、世界ランキング1位に躍り出た。

伊藤美誠が女子シングルス2位キープ


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:アフロ/新華社

WTT中東シリーズ2大会連続でシングルス優勝を果たした伊藤は、600ポイントを加算し、3位の孫穎莎(スンイーシャ・中国)との差を広げたが、1位の陳夢(チェンムン・中国)は13825ポイントといまだ1800ポイント近い差が開いている状況だ。

トップ10のランキングは、中国選手がWTTに参加しなかったため、馮天薇(フォンティエンウェイ・シンガポール)が前週10位だった王藝迪(ワンイーディ・中国)と入れ替わった。馮天薇は伊藤に敗れたもののWTTスターコンテンダードーハで準優勝を飾っており、嬉しいトップ10返り咲きとなった。


写真:馮天薇/提供:ittfworld

日本勢では、ベスト16に終わった平野美宇(日本生命)がランクを1つ落とし12位に、ベスト8に入った早田ひな(日本生命)が1つ上げて25位に入っている。

ダブルスの世界ランキングも変動

世界ランキングにはダブルスのランキングもあり、WTTスターコンテンダードーハの結果を受けて、順位が変動した。


写真:石川佳純・平野美宇ペア/提供:新華社・アフロ

女子ダブルス準優勝の平野/石川ペアが、長﨑美柚/木原美悠ペアを抜いて女子ダブルス世界ランキング1位に躍り出た。平野/石川ペアは、東京五輪団体戦での起用が最有力視されており、WTTコンテンダードーハでは優勝、スターコンテンダードーハでは準優勝と、中東遠征で堂々たる結果を残した。

また、WTTスターコンテンダードーハで準優勝を果たした水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠ペアも混合ダブルスの世界ランキングを1つ上げ、2位に浮上している。

女子世界ランキングトップ10

1 陳夢(中国)  13825
2 伊藤美誠(日本)  12081
3 孫穎莎(中国)  11480
4 王曼昱(中国)  10189
5 丁寧(中国)  9415
6 朱雨玲(中国)  8558
7 劉詩雯(中国)  8453
8 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)  8256
9 石川佳純(日本)  7860
10 馮天薇(シンガポール)  7830

※選手名右の数字はランキングポイント

日本女子世界ランキング(50位まで)

2 伊藤美誠(スターツ)  12081
9 石川佳純(全農)  7860
12 平野美宇(日本生命)  7577
18 佐藤瞳(ミキハウス)  6244
23 加藤美優(日本ペイントホールディングス) 5443
25 早田ひな(日本生命) 5212
36 橋本帆乃香(ミキハウス) 4326
37 芝田沙季(ミキハウス) 4305
49 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 4016

※選手名右の数字はランキングポイント 

女子ダブルス世界ランキング

1 平野美宇/石川佳純(日本) 1909
2 長﨑美柚/木原美悠(日本) 1603
3 鄭先知/陳思羽(チャイニーズタイペイ) 1358
4 田志希/梁夏銀(韓国) 1159
5 陳夢/王曼昱(中国) 1015

※選手名右の数字はランキングポイント 

混合ダブルス世界ランキング

1 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 2393
2 水谷隼/伊藤美誠(日本) 1873
3 許昕/劉詩雯(中国) 1708
4 黄鎮廷/杜凱琹(中国香港) 1533
5 李尚洙/田志希(韓国) 1355

※選手名右の数字はランキングポイント 

>>卓球男子世界ランキング(2021年第11週)|WTT優勝の張本智和、4位浮上

参考:新しい世界ランキング方式

2021年、ITTFは新大会WTTを開始した。現行のワールドツアーやチャレンジシリーズなどの個人戦の大会は、WTT構想のもと、新たな名称、新たな形式の大会に置き換えられた。


写真:各大会優勝時の世界ランキングポイント/作成:ラリーズ編集部

そのため、新しいランキング方式にはグランドスマッシュ、WTTカップファイナル、WTTチャンピオンズ、WTTコンテンダーシリーズの各大会が組み込まれた。世界選手権やワールドカップなどで獲得した世界ランキングポイントは次回開催まで有効となっていたが、今回の規定変更では、有効期間は1年となった。


写真:平野美宇(日本生命)/提供:新華社/アフロ

今回、WTTの追加とともに、ランキングの発表タイミングが週1度となった。ITTFの発表によると、選手のエントリーやトーナメント構成にバリエーションを持たせ、選手の順位変動を大きくするとともに、ランキングを通じた盛り上がりを生み出すことでファンを魅了したい、という背景があるようだ。


図:ポイント変動について/提供:ITTF

今回の新方式の世界ランキングは、2020年12月発表の世界ランキングポイントの80%を保持した形で開始されている。この以前までのポイントは、第49週までの6週間ごとに10%ずつ減らされる。今回は第11週のため、前週からポイント減はない。

関連記事

>>ITTFが狙う「卓球の商業化」 テニスに倣うWTT構想とは

>>WTTに振り回される卓球界 宮﨑強化本部長「世界ランキングを人質とした進め方」

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt