張本智和、日本人最高の3位をキープ 宇田幸矢が19位、篠塚大登は27位に|卓球男子世界ランキング(2023年第15週) | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

卓球世界ランキング 張本智和、日本人最高の3位をキープ 宇田幸矢が19位、篠塚大登は27位に|卓球男子世界ランキング(2023年第15週)

2023.04.11

文:ラリーズ編集部

国際卓球連盟(ITTF)は4月11日、2023年第15週の世界ランキングを発表した。

張本が3位をキープ

男子シングルスランキングでは1位から127位まで変動は見られず、先週に引き続き張本智和(IMG)が、日本選手最高位の3位を維持している。


写真:張本智和(IMG)/提供:WTT

トップ50位までの日本選手では、宇田幸矢(明治大)が19位、篠塚大登(愛知工業大)が27位、戸上隼輔(明治大)が48位と続いている。


写真:篠塚大登(愛知工業大)/提供:WTT

トップ5では、樊振東(ファンジェンドン・中国)が1位、王楚欽(ワンチューチン・中国)が2位、馬龍(マロン・中国)が4位、ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が5位と続いている。


写真:樊振東(ファンジェンドン・中国)/提供:WTT

男子ダブルスでも1位から100位まで順位の変動は見られず、シンガポールスマッシュ2023優勝ペアの樊振東/王楚欽が1位、宇田幸矢/戸上隼輔が2位に位置している。


写真:宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)/提供:WTT

混合ダブルスでは、シンガポールスマッシュ2023で優勝を飾った王楚欽/孫頴莎(スンイーシャ・中国)が1位、日本の張本智和/早田ひな(日本生命)が2位にランクインしている。


写真:張本智和(IMG)/早田ひな(日本生命)/提供:WTT

男子シングルス世界トップ10、日本男子シングルスの100位まで、男子ダブルストップ5、混合ダブルストップ5は以下の通り。

男子シングルス世界ランキングトップ10

1 樊振東(中国) 8325
2 王楚欽(中国) 4765
3 張本智和(日本) 4055
4 馬龍(中国) 3800
5 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル) 3380
6 トルルス・モーレゴード(スウェーデン) 3295
7 梁靖崑(中国) 2960
8 邱党(ドイツ) 2160
9 林高遠(中国) 2090
10 林昀儒(チャイニーズタイペイ) 1960

※選手名右の数字はランキングポイント

日本男子シングルス世界ランキング(100位以内)

3 張本智和(IMG) 4055
19 宇田幸矢(明治大) 1275
27 篠塚大登(愛知工業大) 816
48 戸上隼輔(明治大) 465
65 及川瑞基(木下グループ) 312
66 田中佑汰(愛知工業大) 307

※選手名右の数字はランキングポイント

男子ダブルス世界ランキングトップ5

1 樊振東/王楚欽(中国) 4390
2 宇田幸矢/戸上隼輔(日本) 4080
3 張禹珍/林鐘勲(韓国) 3614
4 クリスチャン・カールソン/マティアス・ファルク(スウェーデン) 3035
5 邱党/ベネディクト・デューダ(ドイツ) 2235

※選手名右の数字はランキングポイント

混合ダブルス世界ランキングトップ5

1 王楚欽/孫穎莎(中国) 6040
2 張本智和/早田ひな(日本) 4220
3 林昀儒/鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 2920
4 エマニュエル・ルベッソン/ユアン・ジャナン(フランス) 2510
5 サティアン・グナナセカラン/マニカ・バトラ(インド) 2065

※選手名右の数字はランキングポイント

【注目動画】吉田海偉インタビュー

【動画】潜入・高校卓球部

【特集】潜入・高校卓球部

>>愛工大名電高校や桜丘高校など名門高校卓球部に潜入!

男子ランキング
2023.03.31
世界
日本
1
樊振東(中国)
9700 pt
2
馬龍(中国)
5800 pt
3
王楚欽(中国)
4955 pt
1
張本智和(日本)
4195 pt
2
宇田幸矢(日本)
1275 pt
3
篠塚大登(日本)
926 pt
女子ランキング
2023.03.31
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
9920 pt
2
陳夢(中国)
6805 pt
3
王曼昱(中国)
5960 pt
1
早田ひな(日本)
2990 pt
2
伊藤美誠(日本)
2830 pt
3
石川佳純(日本)
1975 pt