卓球の「ツッツキ」とは?打ち方と練習法


*写真はジャパンオープン2018の長崎美柚(JOCエリートアカデミー)


卓球ライター若槻軸足がお届けする「頭で勝つ!卓球戦術」。

今回は卓球において最も基本的で最も重要と言ってもよい、「ツッツキ」という技術について考えてみたいと思う。かなり基礎的な内容なので、熟練者の方には物足りないかもしれないが、卓球を始めたばかりの初心者の方や、初心者も担当する指導者の方はぜひ読んで欲しい。

「ツッツキ」とは

卓球の経験が無い人に説明すると、間違いなく二度聞きされる。「え?つっつき?つっつくの?なにを?」こんな経験がある方も多いのではないだろうか。語源についてはさておいて、「ツッツキ」という技術について考えてみたいと思う。

ツッツキとは簡単に言うと、「下回転のボールに対して、その回転に逆らわずに返球する技術」である。これだけでは分からないと思うので、具体的に見てみる。

まず卓球は基本的に、どんなボールにも「回転」がかかっている。何気なくサーブを出していても、台に2度バウンドするので、その時点でボールが向かう方向への前進回転(ドライブ)が必ずかかっている。なので、ラケットの角度を立てて、卓球台と垂直にして返さないと、ぽーんと浮いたボールになってしまうのだ。

卓球素人の温泉卓球をイメージしてみるとよい。「ぴーん、ぽーん」というふんわり浮いた山なりのボールでのラリーになることが多いはずだ。あれはボールにほんのわずかだが前進回転がかかっているからに他ならない。

そんな楽しいシーンに居合わせた卓球経験者に対して初心者は、「変化球はなしで頼むね!」などと言うのだ。
しかし経験者からすると、「変化球なし」と言われると困ってしまう。なぜならボールには絶対に回転がかかるし、そうでなくとも、「無回転(ナックル)」がかかっているという考え方をするからである。

とにかく卓球には「回転」という要素がつきものなのである。いかに回転をかけて、自分が得点をするか。あるいは相手に強いボールを打たせないか。そういったことを常に意識しておこなうのが卓球というスポーツだ。そしてその「回転をかけるまず第一歩がサーブであり、最も基本的な回転が「下回転」のサーブだ。

下回転とはすなわちバックスピンのこと。バックスピンがかかったボールを普通に打とうとすると、ボールは前に飛ばずに下に落ちて、ネットにかかってミスとなってしまう。

それに対して、きっちりネットを超えるように打つ技術が、「ツッツキ」と呼ばれるものだ。

「ツッツキの打ち方」

ではいよいよ、ツッツキの具体的な打ち方についてお話しする。今回はフォアハンドより簡単で、使用する機会の多いバックハンドのツッツキについて、3ステップでお話しする。

1.相手の下回転のボールに対して、体の中心にボールが来るように動き、右足(もしくは左足)を一歩踏み込む。

2.肘を軽く曲げ、ラケットの角度を斜め30度~45度くらいにして(このときシェークハンドなら手首を体の外側にやや曲げる)、体の正面で打球する。

3.そのままのラケット角度で、肘をほんの少しだけ伸ばし、相手コートにふわりとボールを送るように返球する。

言葉で説明するのは簡単だが、まずは実際にやってみると以外と難しいことが分かる。

注意したいのが、ツッツキを打つ時に力を入れてはいけないことだ。よく初心者の方で、「切る」ようなスイングで力いっぱいラケット振っているのを見かけることがあるが、それではいけない。

ツッツキでは必ずリラックスした状態で、決して力を入れずに返球したい。その際、「打つ」という意識ではなくて、「ラケットにボールを乗せて、相手コートに運ぶ」というような意識をすると、うまく返ってくれるだろう。

「オススメの練習法」

先ほども少し述べたが、初心者の方でツッツキがうまく出来ていない方によくあるダメなポイントが2つある。

良くない例1.ツッツキをする以前に、しっかりと動けていない。

ツッツキであれ何であれ、まずは足だ。ちゃんと動けていない選手が、へっぴり腰になりながら腕が伸び切った状態でツッツキをして、浮いたチャンスボールを送っている様を見かけることがよくある。

たとえばゴルフのボールを打つときを想像して欲しい。ゴルフのボールは止まっている。そのボールの位置に合わせて、自分が一番打ちやすいポイントにボールがあるように動いて調節するはずだ。卓球の場合も同じだ。ただひとつ違うのは、ボールが動いているということである。そして当然ながら、ボールは自分の打ちやすい位置に来てはくれない。しっかりと自分がボールの着地点を見極めて、そこに足を動かして準備をすることがまず大切だ。

対処法1.まずはラケットを持たずに、ボールの着地点まで動く練習

そこでまずオススメしたいのが、ラケットを使わない練習だ。練習相手に下回転のボールを送ってもらい、ボールのバウンドするポイントを予想し、足を動かす。そして手はラケットの形を真似て、素手で返すようにしてみよう。もちろんちゃんと返球できなくてかまわない。

大事なのは何度も言うように、足を動かして、正面で打球出来るように体をボールの位置に運ぶことだ。このとき、必ず右足を出してから打つことを心掛けよう。「イチ、ニ」という感じで、「足、手」という順番を大事にしたい。足と手が同時になるといいボールを打つことは難しい。

そしてしっかり動くことが出来たら、出来るだけボールに顔を近づけるようにして打ってみよう。顔を近づけようと思えば自然と前傾姿勢になり、しっかりと安定したボールが打てるようになる。さらに膝に適度な重心がかかる為、戻りも素早くすることが出来るのだ。

・ボールの着地点に動く
・足⇒手の順番
・打つ時は顔を近づける

この3つが気を付けるポイントだ。

よくない例2.ラケットを振り過ぎ

前述した、「切る」ようなスイングで力いっぱいラケット振っている選手。「下回転をしっかりとかけて返球したい」という意思があるのかもしれないが、初心者のうちはそこまでは必要ない。しっかりと確実に、低く返せるようになることが最優先である。

そもそもそんなにラケットを振らなくても、ラケットとラバーの「弾む力」によって、ボールは前に進んでくれるのだ。それをいかに下回転に負けずに、適切な角度で低く返せるかというだけの話である。しかし初心者はどうしても力が入って、強く振ってしまう。

対処法2.マジックテープでくっつくおもちゃを使う

誰しもが子供のころに一度は遊んだことがある、マジックテープでボールとラケットがひっつくおもちゃ。これを練習に用いてみるというアイデアもある。

これを卓球のラケットに見立てて持ち、ボールを送ってもらってツッツキをしてみる。ペタっとくっつけつつ、付いたボールを相手コートに運びいれるような意識でスイングをしてみよう。

初心者の方がやりがちなのが、肘を伸ばきって、切るようにスイングしてしまうこと。確かに熟練者になればこのようなスイングで自ら回転をかけるのは必要になるのだが、もう少し後のステップでもよい。まずは低くしっかりとボールを返すことだ。その為には、適切なラケット角度を作って、肘は伸び切らないようにし、押し出すようなイメージで打つことをオススメする。「切る」スイングだと、どうしても安定しないのだ。

図:若槻軸足(卓球ライター)

なので、まずは画像のように、ラケット角度をしっかり作って、相手コートに運ぶイメージで打球することから始めよう。そしてその感覚をつかむための練習として、マジックテープのおもちゃを使ってみるのをオススメする。おそらく、切るスイングをしてしまうとまく「ペタっ」とひっつかないはずだ。

まとめ

初心者がまず覚えるべき、最も基本的かつ最も重要な技術である「ツッツキ」について考えてみた。今回はシンプルな下回転に対しての、バックハンドのツッツキについてお伝えした。しかし実際の試合のなかでのボールはもっと複雑だし、その複雑なボールに対して色々なツッツキのやり方がある。切ったり、ナックルで押し込んだり、横回転を入れたり、逆モーションで流したりと、「ツッツキ」はとても奥が深い技術である。

しかしまずは今回の基本のツッツキをしっかり身につけることから始めよう。これが習得出来れば、もう一歩踏み込んだツッツキを使った戦術についての記事を読んでみることもオススメしたい。

文:若槻軸足(卓球ライター)
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

【頭で勝つ!卓球戦術】初心者でも勝てる!最初に習得すべき「たった2つの技」
【頭で勝つ!卓球戦術】時間がなくても強くなれる!練習時間以外の活用法
【頭で勝つ!卓球戦術】戦型別攻略法!~対シェークフォア表編~
【頭で勝つ!卓球戦術】戦型別攻略法!~対カットマン基本戦術編~
【頭で勝つ!卓球戦術】戦型別攻略法!~対ペン表ソフト編~

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする