巻き込みサービスのレシーブ方法は?トップ選手に学ぶ攻略のコツ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球技術・コツ 巻き込みサービスのレシーブ方法は?トップ選手に学ぶ攻略のコツ

2019.08.09 文:ラリーズ編集部

日本女子卓球界を牽引する、伊藤美誠選手、平野美宇選手、早田ひな選手などが使用する巻き込みサービス。そのサービスの回転量や回転のわかりづらさから、巻き込みサービスを使用する選手が増えている。なので、巻き込みサービスに対する安定したレシーブを身につけることは今後必須となっていくであろう。

そこでこの記事は、巻き込みサービスに対するレシーブのコツをトップ選手のプレー動画を見ながら学んでいきたい。相手に巻き込みサービスを出されて取れなかった選手や、巻き込みサービスに対するレシーブのコツを掴みたい選手は必見だ。

>>YGサーブの最適なレシーブとは?トップ選手に学ぶレシーブ講座

1. 巻き込みサービスの特徴とレシーブ

巻き込みサービスは逆横回転のサービスの一つで、比較的簡単に上回転と下回転を使い分けることができる。なので、それぞれの回転にあった返球をする必要があり、そうすることで相手の強烈な3球目攻撃を未然に防ぐことができる。この記事では、巻き込みサービス及び逆横回転系のサービスに通用するレシーブを、実際のトップ選手のプレーを参考に解説していく。

>>【初心者必見】逆横回転サーブへの対処法|基本技術レッスン

2.トップ選手のレシーブ例

今回は、関東学生卓球卓球選手権大会及び、関東学生卓球リーグの試合を参考に、巻き込みサービス及び逆横回転系サービスに対するレシーブ方法を見てみよう。

まずは、2019年春季関東学生卓球リーグ戦の試合から、及川選手(専修大学)と緒方選手(早稲田大学)の試合を見てみよう。

この試合で緒方選手は一貫としたチキータレシーブで試合を有利に進め、2-0とリードする。そこで及川選手が巻き込みサービスを使用し、試合の流れを変える。
試合はフルセットに持ち込む展開となったが、ここで注目してほしいのが5セット目の1-1、及川選手の強烈な上回転の巻き込みサービスに対しての緒方選手のレシーブである。緒方選手は及川選手のサービスの回転に負けないように、早い打点でコンパクトに前にスイングすることで安定したレシーブをしている。

5セット目の4-2でのワンプレーも同様、及川選手の上回転の巻き込みサービスに対して、同じくコンパクトに前にスイングしているのが良く分かる。

次に、2017年関東学生卓球選手権大会決勝、田添響選手(元専修大学)と三浦健太郎選手(元筑波大学)の試合を見てみよう。

両選手ともに、正確なサーブレシーブからの強烈な打ち合いとなる1戦だが、まず注目してほしいのが1セット目の3-2、田添選手がフォア前に出した下回転系の巻き込みサービスに対する三浦選手のツッツキレシーブである。サービスに対し、三浦選手はラケットの面をしっかりと開き、高い位置から下に鋭く深くレシーブしているのが分かる。そうすることで田添選手の強烈な3球目を防ぐことができる。

4セット目の5-10、田添選手の下回転系の巻き込みサービスに対する三浦選手のツッツキレシーブであるが、同じように面を開いて高い位置から下にスイングしている。先程と違うのは三浦選手が回転をかけ返し、かつ短くレシーブしている。このように長短に差をつけるレシーブは相手に有効である。

>>プロ卓球選手から国公立大学の選手までこだわりの用具紹介はこちら

3.まとめ

今回は関東学生卓球リーグ及び関東学生卓球選手権のプレーから巻き込みサービスに対する安定したレシーブ方法を探った。今回紹介した技術はほんの一部であるが、巻き込みサービスを含め逆横回転系サービスに対するレシーブ方法として参考にしてもらいたい。巻き込みサービスに対するレシーブを習得することは、レシーブの幅を広げることにつながるのではないだろうか。

>>【初心者必見】卓球の「ツッツキ」とは?打ち方と練習法|卓球基本技術レッスン

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt