【初心者必見】卓球の回転サーブの種類とそれぞれの打ち方


*写真は平野美宇(Tリーグ・日本生命レッドエルフ)

卓球ライター若槻軸足がお届けする「頭で勝つ!卓球戦術」

今回は初心者の方向けに、回転をかけたサーブの打ち方をお伝えする。

このシリーズでも何度もお伝えしているように、卓球は回転のスポーツである。経験していない人が外から見てもわかりにくいが、卓球のボールは常に絶え間なく、強烈に回転している。それはトップ選手ともなれば1秒間に100回転を超える。

それだけの回転がかかっているボールは、適切な返し方をしないと、ラケットに当たってもあさっての方向に飛んでいってしまい、相手コートへの返球は出来ない。

卓球では「ボールに回転がかかっている」のが当たり前であり、むしろ回転がかかっていないことの方が少ないのだ。

その「回転をかける」という技術において最たるものが、「サーブ」である。ゴルフなどと違って、卓球は常に相手が打ってきたボールを返さないといけない。来るボールは毎回違うコースに、違う高さで、違う回転で飛んでくる。同じボールはひとつとしてない。そして相手も得点する為に打ってきている。
自分がどれだけ「スマッシュが打ちたい!」と思っても、相手はスマッシュを打たせまいと、色んな工夫をしてプレーしてくるものだ。そんな卓球競技のなかで、たったひとつだけ、相手に影響されず、自分の思い通りにプレー出来る技術がある。それがサーブだ。

今回は初心者の方向けに、ごくシンプルな説明で、重要なサーブの考え方と、基本的な回転のサーブの出し方についてお話しする。

サーブの第一優先は、高さと長さ

とんでもく強烈なスピンがかかったサーブ、相手があっと驚くサーブ、そういったものをいち早く覚えたいのが、初心者の思いだろう。ただし、サーブにおいて最も大事な考え方がある。それは、サーブで「得点をする」ということではなく、「相手に強く打たれない」ということである。
たとえ全く回転の変化の分からない魔球を持っていたとしても、それが山なりの「ぽてーんぽてーん」という高さだと、問答無用でスマッシュを叩き込まれて終わりだ。回転がかかっていようが関係ない。サーブを出す際は、15.25cmの高さのネットを超えなければならないが、なるべくそのギリギリを狙わなければならない。ボールのバウンドが、ほんの数cm、ほんのボール1個分ほど高くなっただけで、相手に強打を決め込まれてしまう。

何よりもまず、低く、ネットギリギリの高さを狙わなければならない。

さらにもうひとつ大事なのが、長さだ。サーブは、まずネットの手前、自分側の卓球台で1バウンド、そしてネットを超えた相手側の台で1バウンド、そして相手がラケットで返球、という流れになる。
このときサーブの長さが、相手側の台で2バウンドするかどうかが非常に重要となってくる。2バウンドせずに床に落ちてしまったら、それは良いサーブとは言えない。なぜなら、相手に強打されてしまうからだ。

相手側の台で2バウンドする短いサーブなら、相手はかならず2バウンドする前に打たなければならないので、卓球台の上で打つ必要がある。(「台上処理」と呼んだりする)こうなると、卓球台が邪魔になるので体を大きく使った打法は制限されて、コンパクトに処理するほかない。よって、強いボールを打つことが難しくなるのだ。

逆に2バウンド目が台に着地しない長いサーブなら、相手は体を大きく使ってスイング出来るので、強い返球が来る。
よく「サーブが台から出てしまった」という表現をする。台から出てしまうと、相手へチャンスボールを与えることになるので、絶対に避けなければならない。

低いサーブを打つ為に

低いサーブを打つ為には、何よりもバウンドの高さを抑えなければならない。その為に有効なのが、打球位置をなるべく低くする、ということだ。たとえば構えた状態で、脇の下の位置でボールを打つよりも、腰の位置で打つ方がバウンドが低くなることが分かるはずだ。なのでなるべく打球する位置を、低くすればするほど、低いサーブが出しやすくなる。

さらには自分の姿勢を落とすことも大事だ。棒立ちの状態よりも、低い構えから繰り出したほうが、膝を使って体全体でサーブを出せるので、安定したサーブを出すことが出来る。

短いサーブを出す為に

短いサーブを出す為に最も簡単な方法は、第一バウンドをなるべくネット付近に落とすことだ。第一バウンドが自分側のエンドライン付近に落ちると、どうしても第二バウンドも相手側のエンドライン付近までいって、長くなってしまう。かといってネットのすぐ手前を狙ってもネットにひっかかるだけなので、ネットを超えるくらいギリギリ手前を狙ってみよう。そうすると、うまく第二バウンドも短く収まるはずだ。

ただしこのとき注意したいのが、打球する際になるべくエンドラインの近くでラケットに当てる、ということだ。エンドラインを超えて卓球台の上で当てるとルール違反となってしまう。しかしエンドラインから遠すぎるとボールに力が伝わりすぎて、短くコントロールするのが難しい。よって、ちょうどエンドラインぎりぎりの位置で打球をするように心がけよう。

ナックルサーブ

上述した低く短いサーブを最も簡単に実践出来るのが、ナックルのサーブだ。文字通りナックル、つまり「無回転」のサーブである。

ナックルサーブを出すときは振り子のようにスイングする。
写真:ラリーズ編集部

まずは卓球台に対して横向きに立つ。次にラケットは卓球台と水平方向、ラケット面が天井を向くよう構える。そして振り子のようなスイングで、相手方向へ動かしながらボールを打球する。あまり深く考えず、力を抜いてボールを相手コートへ運ぶようなイメージで打ってみよう。弱くバックスピンをかけるイメージで出すと、うまくナックルサーブになってくれる。このスイングなら、ボールに若干の下回転がかかって飛んでいくのだが、バウンドをする際に弱まるので、ちょうど相手に届くころには無回転になるからだ。

まずはこのナックルサーブを低く短く出せるようになろう。

写真のように、卓球台と水平に打つ必要がある。
写真:ラリーズ編集部

下回転サーブ

続いて下回転サーブだ。初心者が習得するには少し時間がかかるかもしれないが、最もシンプルでありながら、今後確実に必要な武器となってくれるので、ぜひとも身に着けて欲しい。

1.握り方

まずラケットの握り方についてだ。ペンホルダーの選手なら普通にフォアハンドを振るときと同じで構わないが、シェークハンドの方の場合は、ふつうの握り方だと手首の可動域がかなり狭くなり、十分な回転をかけることが出来ない。そこで、サーブのときだけ握り方を少し工夫する必要が出てくる。

イメージとして、指相撲をするときを思い浮かべてもらいたい。相手の指を押さえつけて、グッと力を込めるシーン、それをラケットを持ってやるのだ。
人差し指と親指でラケット面を挟み込み、残り3本は軽く添える。そしてボールを打球する瞬間に、親指にグッと力をいれるのだ。そうすることで強い回転を生み出すことが出来る。

2.回転のかけ方

まず基本的にフォアハンドサーブを出す際は、卓球台に対して横向きに構える。そうすることで、ふところにスペースが出来てラケット操作がしやすくなる。そして、トスすると同時に振り子のようにラケットを動かし、相手方向へとスイングする。こうして、ボールの底面を打球してバックスピンをかけてやる。このときラバーに「当てる」のではなく、「擦る」ということを意識してみよう。ボールの底面を「すくう」ようなイメージだ。

3.意識するポイント

なるべくラケットの先端にボールを当てることを意識しよう。遠心力がかかるので、先端が最もスイングの半径が大きくなり、強い回転をかけやすい。

ラケットの先端に当てることを意識してみよう
写真:ラリーズ編集部

・先ほどはボールの底面を擦ると言ったが、ほんの少しだけボールの向こう側に当てるように意識してみよう。そうすることで、ボールが前へ飛ぼうとする推進力を抑えることが出来て、前述した相手コートで2バウンドする短いサーブにすることが出来る。

ボールの向こう側に当てるように意識する。
写真:ラリーズ編集部

打球する瞬間だけに親指にグッと力を入れよう。力を入れることで、ラケットの面が安定し、ブレることなくボールに力を伝えることが出来る。よく初心者の方ではサーブを打つ前から力が入ってしまっているケースをみかけるが、それでは力み過ぎてしまっていいサーブが打てない。当たる寸前までは力を抜いておいて、当たる瞬間にのみ力を入れよう。

なるべく体の近くで打とう。これも初心者にありがちだが、打球する位置が体から遠く離れてしまっているのだ。これでは力がうまく伝わらず、コントロールも難しい。さらに上達していけば、「回転を分かりにくくさせる」といった技術もやりにくい。なるべく体の近く、ラケットをおへそに当てるくらいの気持ちでスイングするといいだろう。

まとめ

今回はまず初心者の方向けに、サーブの基本的な考え方と、シンプルなナックル・下回転のサーブの出し方について解説した。記事を参考にしながら、ぜひ実践して習得してほしい。

繰り返しになるが、サーブはまず低く・短く出せることが最低条件であり、最も大事なことだ。その意識だけは忘れずにもっておこう。
回転をかける技術というのは、手や指先の感覚が必要なので、とても1日2日練習しただけですぐに身に付くものではない。「回転をかける感覚」を掴んで、しっかりと体にしみ込ませないといけない。そういう意味では、今回の下回転サーブも、自在に出せるようになるには時間がかかるだろう。
「回転をかける感覚」を掴むための練習は、サーブ練習とは切り離して別でやっていくとよいだろう。なので、まずは低く短いナックルのサーブを完璧に習得することをおすすめしたい。

次回は、もう少し複雑な、横回転をかけたサーブの出し方についてお話ししたいと思う。

文:若槻軸足(卓球ライター)
写真・図:ラリーズ編集部
トップ写真:TT News Agency/アフロ

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする