英田理志の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:英田理志(写真は20年3月撮影)/提供:ittfworld

卓球選手紹介 英田理志の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.07.28 文:ラリーズ編集部

今回は、実業団を離れてスウェーデンへと渡りリーグで活躍し、TリーグT.T彩たまに加入した英田理志を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>【英田理志#1】「何かを変える」。スウェーデンへ渡って掴み取ったもの

>>「牧師」か「卓球選手」か。 独創的なカットマン英田理志のキャリアを変えた塩野の一言とは?

>>異例の“試合中止“と”国境閉鎖” コペンハーゲンからの緊急帰国劇(卓球・英田理志)

英田理志とは?


写真:英田理志(写真は20年3月撮影)/提供:ittfworld

英田理志は、朝日大学から実業団・信号器材に所属するも、プロを目指して実業団を離れてからスウェーデンのリーグで目覚ましい成長を遂げた選手です。裏裏カットマンという異色のプレースタイルで相手を驚愕させ、個人成績とチーム成績の両方で1位を獲得しています。

スウェーデンのリーグに参加するほかにも、数々の国際大会に出場し、USオープンで男子シングルス3位、サフィール国際オープンでは男子シングルス1位と上位に進出することもありました。2020年7月からはT.T彩たまの一員としてTリーグに参戦することが決まっています。

プロフィール

英田理志は、1993年3月19日生まれの27歳(2020年8月時点)です。鳥取県出身で、中高は静岡県の学校に通い朝日大学に進学、卒業後は実業団の信号器材に就職しました。

朝日大の在学中には東海学生選手権で男子シングルス優勝という輝かしい実績を残しています。実業団として日本リーグに参戦していた時も数々の勝利を収めるほか、全日本社会人選手権の男子ダブルスで3位という快挙も達成しています。


写真:英田理志/撮影:伊藤圭

実業団を離れてからは、単身でスウェーデンに渡り、クラブチーム・スパルバーゲンに所属しました。同じチームでは神巧也T.T彩たま)もプレーしていました。その後はエースレーブへ移籍してスウェーデンリーグに参戦、個人成績17勝2敗で全選手の中でトップという功績に加え、チームもリーグ1位となり2冠を達成しました。

2020年7月にはTリーグ・T.T彩たまに加入することが決まり、3rdシーズンを迎えるTリーグに参戦することになります。これに伴って、T.T彩たまのYouTubeチャンネルにも出演しています。

英田理志のTwitterはこちら!

プレースタイル


写真:英田理志(写真は20年3月撮影)/提供:ittfworld

英田理志の戦型は右シェーク裏裏のカットマンです。カットマンとは思えないほどに攻撃する場面が多く、オールラウンドなプレーが得意です。

カットマンと言えば、バック面に表ソフトラバーや粒高ラバーを使用している選手が大半です。表ソフトや粒高ラバーは相手の回転を利用して変化をつけることができるため、カットとしても安定しやすいという利点がありますが、裏ソフトラバーよりも攻撃力は低くなってしまうため、反転させたり、打ち方を工夫したりする必要がありました。


写真:英田理志/撮影:伊藤圭

英田はバック面に裏ソフトラバーを使用することで、自ら回転の変化をつけてカットしたり、隙あらば攻撃したりという自由が利くようになりました。両ハンドのドライブも安定して入るため、攻撃型としても充分に戦える素質を持っています。

裏裏のカットマン自体が少ないため、慣れがないという部分で相手が戸惑う場面があり、自分の流れに持っていくのが上手です。特に、近頃は両面に粘着テンションラバーを使用することで回転量の変化幅も大きくなりカットで点を取れるようになったほか、攻撃でも威力のあるボールを打てるようになっています。

使用用具

英田理志の使用用具は、ラケットにコクタクの「高島H3」、ラバーはフォア面にヤサカの「ラクザZ」、バック面に「翔龍」を使用しているそうです。

「高島H3」は桧を使用した3枚合板のラケットです。ミスターカットマンと称される高島規郎さんが監修した限定ラケットで、桧の硬さによる反発力がありつつも、カットが抑えやすいという特長をもっています。

世界ランキング

英田理志の世界ランキングは597位(2020年4月時点)です。2018年から参加数が少なくなっていましたが、3月のポーランドオープンの活躍によりランキングが上がっています。最高ランクは2017年4月の154位です。

国内大会での主な成績

2014年 東海学生選手権 男子シングルス優勝
2015年 全日本社会人選手権 男子ダブルス3位

まとめ

スウェーデンで修業を積んだ異色のカットマンが、Tリーグや国内、そして国際大会で活躍なるか。今後の彼の活躍に目が離せません。
>>英田理志の関連記事はこちら

男子ランキング
2020.09.18
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.18
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt