コウ・レイの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:コウ・レイ(ウクライナ)/提供:ittfworld

卓球選手紹介 コウ・レイの使用用具・大会成績・プロフィール

2020.04.01 文:ラリーズ編集部

今回紹介するのは、中国からの帰化選手として長年ウクライナ代表として活躍し、強豪ひしめくヨーロッパカップにおいて3位入賞を果たすなど欧州卓球界のトップを走り続けるコウ・レイです。彼のプロフィール、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても詳しく紹介します。

>>ティモ・ボルの使用用具・大会成績・プロフィール

>>往年の名選手から水谷隼ら現役選手まで 21世紀の卓球男子ドリームチームは?

>>卓球五輪代表、最年長・最年少記録は?50代で出場の大ベテランも

コウ・レイとは

コウ・レイは、強豪ひしめくヨーロッパ卓球界の中で、ウクライナ代表として活躍する卓球選手です。コウ・レイは元は中国出身ですが、ウクライナに帰化して、以降は長年に渡ってウクライナ、ひいてはヨーロッパ卓球界を牽引し続けています。

今回は、ヨーロッパカップ3位、リオデジャネイロオリンピックベスト16など輝かしい成績を残しているコウ・レイのプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

コウ・レイは2020年4月現在で32歳のウクライナの卓球選手です。その肩幅の広い恵まれた体格から繰り出されるパワードライブを武器に戦っています。

現在32歳とベテランの域に達しているコウ・レイですが、彼は最初からウクライナ代表だったわけではありません。コウ・レイはもともとは中国出身の卓球選手でしたが、若い時にウクライナに帰化した帰化選手です。それ以降は2008年から2019年までの12回に渡ってウクライナ代表のエースとして世界選手権に出場し、ヨーロッパのトップ選手の1人として活躍しています。

コウ・レイは若いころから継続してワールドツアーや国際大会で好成績を残してきたとても安定感のある選手です。2015年のハンガリーオープンでは男子シングルスベスト8、2015年ヨーロッパカップ3位入賞などの輝かしい実績を残しています。

そのころからそれまでは100位台だった世界ランキングも上がり始めました。そして2016年リオデジャネイロオリンピックで男子シングルスベスト16、2017年ワールドツアーカップベスト16、2017年ヨーロッパカップ4位などの好成績を安定して残すようになると、2017年の4月には自己最高位の世界ランキング20位を記録しました。

最新の世界ランキング(2020年3月)では58位の位置につけているコウ・レイですが、2018年のカタールオープンでは2019年世界選手権日本代表の森薗政崇に勝利するなど、その実力は今も健在です。

プレースタイル

コウ・レイの戦型は右シェーク裏裏ドライブ型です。広い肩幅や、恵まれた体格から繰り出される強力なパワードライブを武器に戦う選手です。

コウ・レイの最大の武器は強靭な肉体から放たれるフォアドライブです。彼のフォアドライブは多くのプロ選手とは異なっていて、常にフルスイングで繰り出されます。そのフォアドライブの威力はすさまじく、相手をノータッチで抜き去ったり、ブロックを弾き飛ばしてしまったりするほどです。

そして、コウ・レイはバックハンドも特徴的です。コウ・レイのバックハンドは、フルスイングのフォアハンドとは違って非常にコンパクトです。彼のバックハンドは、バウンドした直後の早い打点を捉えて鋭い打球を送り、チャンスを作り出すことに特化しています。バックハンドの打球も回転をかけるというよりは、弾いてフラット気味に打って相手の嫌がる球質になっています。

基本はオールフォアでフットワークを活かして動き回るスタイルのコウ・レイですが、中陣に下がったときに時折見せるバックハンドドライブは威力抜群です。コウ・レイのラリーは迫力のある激しい打ち合いになることが多く、見ていて非常に面白い卓球をする選手です。

また、コウ・レイのもう一つの特徴として、彼の用いる独特なYGサーブが挙げられます。彼のYGサーブは通常の選手とは違って非常にスイングが小さく、その分スイングスピードが速くなっています。その結果、回転の種類やコースがわかりにくくなり、トップ選手でもレシーブを浮かす場面がたびたび見られます。加えてコウ・レイは男子の攻撃型の選手には珍しくバックサーブをよく使う選手でもあります。彼のサーブは独特なものが多く、相手選手にとっては大きな脅威になっています。

使用用具

コウ・レイの使用用具はラケットがSTIGAの「カーボネード245」、フォア面のラバーがSTIGAの「マントラM」を使用しているようです。

世界ランキング

コウ・レイの世界ランキングは2020年3月現在で58位です。2017年の4月には自己最高の世界ランキング20位を記録しています。

国際大会での主な戦績

2015年 ヨーロッパカップ シングルス3位
2016年 リオデジャネイロオリンピック シングルスベスト16
2017年 ワールドカップ シングルスベスト16
ヨーロッパカップ シングルス4位

まとめ

中国からの帰化選手として、長らくウクライナ卓球界を支えてきたコウ・レイ。32歳とベテランの域に達してきたコウ・レイですがこれからも日本人選手の強力なライバルであり続けることは間違いないでしょう。これからのコウ・レイに要注目です。

男子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt