ティアゴ・アポロニアの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ティアゴ・アポロニア(ポルトガル)/提供:ittfworld

卓球選手紹介 ティアゴ・アポロニアの使用用具・大会成績・プロフィール

2021.05.20 文:ラリーズ編集部

長年に渡ってポルトガルの卓球界を支え、マルコス・フレイタス、ジョアン・モンテイロとともに“ポルトガル三銃士”として活躍しているティアゴ・アポロニアについて紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績まで詳しく紹介します。

ヨーロッパ屈指の選手であり、世界のトップ選手でもあるアポロニア。今回はそんなアポロニアのプロフィールを見ていきましょう。

>>“三銃士”も躍動 欧州卓球界でポルトガル代表の存在感強まる

>>同じくポルトガルのマルコス・フレイタスの使用用具・大会成績・プロフィール

>>【卓球】元モデルのイケメン・アポロニア、可愛い愛息と室内で“ほっこり”サーブ練習

ティアゴ・アポロニアとは

ティアゴ・アポロニアはジュニア時代から2003年世界ジュニアダブルス2位に輝くなど長きにわたって世界のトップで活躍し続けるポルトガルのトップ選手です。その後も順調に成績を残し、ドイツのプロリーグであるブンデスリーグや、日本のTリーグでも活躍した経験を持っています。

他にも数々の大会で好成績を残しているアポロニアのプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

ティアゴ・アポロニアは1986年7月28日生まれの34歳(2021年5月時点)のポルトガルの卓球選手です。

アポロニアは、2003年の世界ジュニアダブルス準優勝などジュニア時代から活躍しています。

そして、アポロニアが名実ともに世界のトップ選手入りを果たしたのが2010年オーストリアオープンでの優勝でした。当時世界ランキング2位であり、現在も世界のトップ選手として活躍するドイツの英雄ティモ・ボルを決勝戦で打ち破り、自身初となるワールドツアー優勝を果たしました。


写真:ティアゴ・アポロニア/提供:ittfworld

さらに2014年の地元ポルトガルで開催されたヨーロッパ選手権の団体戦ではボルとオフチャロフを擁する強豪ドイツを決勝で破り優勝を果たしました。

長らくドイツのブンデスリーグで活躍してきたアポロニアですが、2018-2019シーズンには日本のプロリーグ、TリーグのT.T彩たまに参戦していました。

また、2015年ヨーロッパ選手権シングルス3位や、2019年世界選手権男子ダブルス銅メダルなど現在に至るまで世界のトップ選手として活躍しています。

ティアゴ・アポロニアTwitter

プレースタイル

ティアゴ・アポロニアの戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型です。柔らかいボールタッチと、長身から繰り出されるオールラウンドなプレーを軸に戦います。

アポロニアの最大の武器と言えば、その長身を活かして繰り出されるオールラウンドなプレーです。前陣での打点の早いカウンターを見せたかと思いきや、中陣から威力と回転のある両ハンドドライブで攻め込むこともあります。


写真:ティアゴ・アポロニア/提供:ittfworld

そして、後陣に下がってからもアポロニアは強さを見せます。相手の強打を変化のつけたロビングやフィッシュで何本もしのいで、チャンスとあらばすかさず後ろからカウンタードライブを打ち込んで点を取るなど、劣勢をはねのけて一発逆転で得点を重ねる彼のプレーは見る者を魅了します。

まさに、どこからでも得点を狙いに行けるオールラウンダーと言えるでしょう。

もう一つアポロニアのプレーで注目したいのは、柔らかなボールタッチから生まれる丁寧で繊細な台上技術です。アポロニアはラリーが非常にうまい選手ですが、同時に細かな台上プレーのレベルも非常に高い選手でもあります。

非常に短いストップ、絶妙な長さのハーフロングレシーブ、ストップに見せかけたフリックなど細かい台上の技が非常に巧みで、大きなラリーだけでなく台上の小さなプレーで点を取る姿も多く見られます。

使用用具

アポロニアの使用用具は、すべてバタフライのもので、ラケットが「アポロニアZLC」を使用しており、ラバーはフォア面に「テナジー05ハード」、バック面に「ディグニクス05」を使用しているようです。

世界ランキング

アポロニアの世界ランキングは、2014年11月に自己最高位の13位を記録しています。また、2021年4月時点の世界ランキングは56位であり、約10年間にわたって世界ランキング2桁をキープしています。

国際大会での主な戦績

2010年 オーストリアオープン 男子シングルス優勝
2014年 ヨーロッパ選手権 男子団体優勝
2015年 ヨーロッパ選手権 男子シングルス3位
2019年 世界選手権ブダペスト 男子ダブルス銅メダル

まとめ

長きにわたってポルトガル、ひいてはヨーロッパの卓球界を牽引するティアゴ・アポロニア。今後も、世界のトップ選手として日本人選手の前に立ちふさがる強大なライバルであり続けることは間違いありません。

その実力もさることながら、端正なルックスや豪快なプレーでも見る人を惹きつけるアポロニアですが、今年開催される東京五輪、ワールドツアーでどんな活躍を見せてくれるのか。彼の今後の活躍に要注目です。

アポロニアの関連記事はこちら

アポロニア関連記事

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt