ディグニクス09cは粘着愛好家にもってこい 卓球界最先端ラバーの特徴とは | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 ディグニクス09cは粘着愛好家にもってこい 卓球界最先端ラバーの特徴とは

2020.03.01 文:ラリーズ編集部

今、卓球界で話題となっているラバーがある。2020年4月1日にバタフライから発売されるラバー「ディグニクス09C」だ。

>>テナジー05がベストセラーの理由

>>テナジー64の性能レビュー

>>テナジー05ハードの評価は!?

ディグニクス09cとは

ディグにクス09cは、数々のヒット用具を生み出してきたバタフライが誇る、トップモデルの「ディグニクス」シリーズの最新作となる。

2008年に発売された「テナジー05」をはじめとする、テナジーシリーズが長らくバタフライを牽引してきたが、徐々には「ディグニクス」シリーズがトップ選手に愛用されるようになっている。

2020年3月現在も、数多くのトップ選手が「ディグニクス」シリーズを使用している。

まずはテナジーシリーズとディグニクスシリーズの違いを説明し、その後、ディグニクス09cについて詳しく解説していく。

テナジーとディグニクスの違い①スポンジ

テナジーシリーズでお馴染みのスプリングスポンジだが、ディグニクスはより進化させた「スプリングスポンジX」を採用している。

従来のスプリンスグポンジより14%変形しやすく、ラバーに食い込みやすい。加えて反発弾性も3%向上している。その結果、よりボールを掴み、相手を詰まらせるような深いボールを打つことが可能になる。

テナジーとディグニクスの違い②トップシート

そして、スプリンスグポンジXの性能を活かすようにシートも進化している。独自性のある配合により、弾力を維持したまま球持ちが良くなり、さらに摩耗耐久性も上がった。

トップ選手の水谷隼選手も、「毎日練習する場合、かつては大体3日でラバーを交換していましたが、ディグニクス80を使っている今では1週間ほどですね。」とコメントしている。

テナジーとの主な違いを理解したところで、今回はディグニクスシリーズに新しく加わるディグニクス09Cについて紹介していく。

ディグニクス09cの特徴

ディグニクス09cは上記のディグニクスシリーズの特徴に加え、粘着性能をプラスしたラバーである。

粘着ラバー特有の回転量と、ハイテンションラバーの弾みという相反する要素を兼ね備えているラバーとして、まさに粘着ユーザーの理想形のラバーになっている。

発売前の2020年3月現在、使用しているトップ選手はティモ・ボル(ドイツ)、オフチャロフ(ドイツ)、李尚洙(韓国)、林鐘勳(韓国)、及川瑞基(日本)、松島輝空(日本)などが挙げられる。

共通しているのが、上記全ての選手がフォア面にディグニクス09cを使用している。

このことからもインパクトの強い、回転重視のトップ選手のフォアハンドも満足させるラバーであることがうかがえる。

ティモボルとの共同開発

ディグニクス09cは約7年間の開発期間を経て発売までたどり着いた。開発スタートから約3年半が経過した2015年秋、ティモ・ボルが試作段階のディグニクス09cを試打する機会に、好感触を得たことがきっかけで共同開発が始まったという。

ティモ・ボルからのフィードバックを受け、研究を重ね、ついに性能・品質に基準を満たすラバーが完成した。

バタフライの特設サイトでも「私自身が現在求めているのは、なるべくラリーの少ない、早い段階で決める、台についてのプレースタイルだ。ディグニクス09Cの性能は、台に近いところでプレーした際に、特に強さを発揮するため、目指すプレースタイルとラバー性能がマッチしていると実感できている」と評している。

回転量の多い重いボールや早いピッチのラリーで決めたい、トップ志向のプレイヤーに適している。

>>ティモ・ボルの使用用具・大会成績・プロフィールはこちら

弾みと粘着力を両立した独自配合のシート

バタフライの独自配合のトップシートにより、ハイテンションラバーの弾性と粘着性による回転性能という、相反する要素を高次元で兼ね備えている。これはバタフライ独自の配合技術によるものである。

「テナジー」「ディグニクス」シリーズにおいて、05・64・80・25のツブ形状がある。(※25はテナジーシリーズのみ)

ディグニクス09cには、このシートを用いながら、新たに開発コードNo.209のツブ形状が採用されている。このツブ形状により、粘着性の強味を活かす回転量の多いボールや、ネット際の短いボールに関してもコントロールを発揮する。

質の高いボールが打てる44°のスプリング スポンジX

また、スポンジも従来のディグニクスシリーズよりも、硬めのスプリングスポンジXである44°の硬度を採用している。相手のボールに負けないカウンターや繊細な台上技術に適している。これにより、下がった場合の中陣からのパワーボールも可能となる。

相性の良いラケット

ディグニクス09cは粘着性があるため、非常に球持ちが良い。そのため、アウター素材のラケットにもよく合う。ティモ・ボル本人が使用しているティモボル ALCはもちろん、水谷隼 ZLC、張継科 SUPER ZLCなどとも相性が良いだろう。

まとめ

今回はバタフライの最新ラバーである、ディグニクス09cを紹介した。

ディグニクス09cは回転性能とスピード性能を高次元で両立した、プラスチックボールに負けない新しいラバーである。

粘着ラバーを使用しているプレイヤー、テンションラバーを使用しているプレイヤー全てに試してみてほしい。

オススメラバーをこの機会にチェック!

>>テンションラバーおすすめ18種類 現代卓球のトレンドラバー

ディグニクス09c購入はこちら

激安サイト「たくつう」で買う

男子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt