【卓球】アジアの強豪国・台湾 神童・林昀儒が牽引|東京五輪ライバル国特集 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2019年アジア卓球選手権でのチャイニーズタイペイチーム/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け 【卓球】アジアの強豪国・台湾 神童・林昀儒が牽引|東京五輪ライバル国特集

2020.01.11 文:ラリーズ編集部

中国や韓国、日本とともにアジアを引っ張り、神童・林昀儒(リンユンジュ)を擁するチャイニーズタイペイ。若手の活躍もあり2019年ワールドカップ団体戦3位と世界の舞台で存在感を示している。今回はそんなアジアの強豪であるチャイニーズタイペイの強さのルーツに迫る。

チャイニーズタイペイの戦績

まずはチャイニーズタイペイの戦績を振り返ってみよう。世界選手権団体では2014年東京大会で初のメダルとなる銅メダルを獲得しており、ワールドカップ団体戦では2013年広州大会の銀メダルをはじめ、銅メダルを2枚獲得している。五輪でのメダル獲得はないものの、「アジア版五輪」とも言われるアジア競技大会では1998年~2018年の6大会で5枚の銅メダルを獲得しており、実力は十分だ。

個人戦では、2013年世界選手権パリ大会では荘智淵/陳建安ペアが中国ペアを連破し、優勝。チャイニーズタイペイに初の世界選手権タイトルをもたらした。現チームを引っ張る林昀儒がT2ダイヤモンド・マレーシアで優勝、ワールドカップ銅メダルと輝かしい成績を残しており、五輪のメダル候補でもある。

チャイニーズタイペイの英雄たち

ここではチャイニーズタイペイが誇るレジェンドと、現在のチームを支える選手たちをご紹介する。

荘智淵(チュアンチーユエン)


写真:荘智淵(チュアンチーユエン)/提供:ittfworld

まずはチャイニーズタイペイのエースとして長く活躍し、精神的支柱でもあった荘智淵だ。2002年の釜山で行われたアジア競技大会では準優勝、2004年のアテネ五輪ではベスト8に入った実力者で、世界ランキングも最高3位にまで上がった。30歳を過ぎる頃から両ハンドのドライブに再びキレが戻り始め、2012年ロンドン五輪では4位、2013年世界選手権パリ大会では陳建安と組んで優勝を果たした。

Tリーグ初年度から琉球アスティーダで活躍している。

>>台湾3戦士の兄貴分・荘智淵「37歳、ベテランの覚悟」

陳建安(チェンジェンアン)


写真:陳建安(チェンジェンアン)/提供:ittfworld

続いては2013年世界選手権パリ大会でダブルスのタイトルを獲得した陳建安だ。2008年の第6回世界ジュニア卓球選手権ではシングルスで優勝し、注目を浴びた。2013年の優勝をはじめ、ダブルスに定評がある選手で2017年の世界選手権デュッセルドルフ大会では鄭怡静(チェンイージン)と組んで混合ダブルス準優勝に輝いている。

Tリーグ初年度の2018-2019年シーズンから琉球アスティーダの選手として参戦している。2018-2019年シーズンではサービスエースの数が101本と水谷隼に並んで1位となり、サービスの巧さが注目されている。

>>ダブルス世界王者、陳建安の琉球アスティーダへの思い

江宏傑(ジャンホンジェ)


写真:江宏傑(ジャンホンジェ)/提供:ittfworld

続いては福原愛の夫としても有名な江宏傑だ。荘智淵や陳建安と比較するとタイトルなどは獲得していないが、2016年のリオデジャネイロ五輪では3番目の選手として出場しており、チャイニーズタイペイを支えてきた選手であるのは間違いない。今シーズンは出場がないものの、荘智淵や陳建安とともに2018-2019年シーズンから琉球アスティーダに所属している

>>福原愛さんのかわいいオフショット記事まとめ

林昀儒(リンユンジュ)


写真:林昀儒(リンユンジュ)/提供:ittfworld

最後は彗星のごとく現れたチャイニーズタイペイの逸材、林昀儒だ。小さい頃からその才能を高く評価され、2012年の東アジアホープス卓球選手権の男子シングルスで優勝し、14歳で台湾代表入りを果たした。2019年は飛躍の年となり、ジャパンオープン準優勝やT2ダイヤモンド・マレーシア優勝、ワールドカップ3位と輝かしい成績を収め、世界トップクラスの選手に成長した。

2020年の東京五輪ではチャイニーズタイペイ初のメダルが期待される選手だ。岡山リベッツからTリーグに昨シーズンから参戦しており、今後日本でプレーする際には要注目だ。

>>林昀儒の使用用具・大会成績・プロフィール

東京五輪ライバル国特集はこちら

>>卓球帝国・中国男子 圧倒的王者の強さの理由
>>欧州の帝王・ドイツ男子 ボル、オフチャロフら強敵揃い
>>五輪金メダリスト2名輩出 アジアの虎・韓国男子の強さとは
>>古豪健在 卓球レジェンドを生んだ国・スウェーデン

チャイニーズタイペイ対日本 直近の対戦成績

2018年 世界選手権予選リーグ

○日本 3-0 チャイニーズタイペイ

張本智和 3-1 荘智淵
4-11/11-7/14-12/11-8

水谷隼 3-0 陳建安
11-9/11-6/11-5

松平健太 3-1 林昀儒
11-6/11-13/11-7/11-4

2015年 アジア選手権準決勝

○日本 3-0 チャイニーズタイペイ

大島祐哉 3-2 江宏傑
6-11/11-8/11-7/8-11/11-9

吉村真晴 3-0 廖振珽
11-7/11-5/11-8

丹羽孝希 3-1 王李中
11-4/11-5/11-8

2015年 ワールドチームカップリーグ戦

○日本 3-0 チャイニーズタイペイ

村松雄斗 3-1 江宏傑
11-13/11-6/11-7/11-4

森薗政崇 3-2 呉志祺
10-12/9-11/11-6/11-3/11-7

○大島祐哉/森薗政崇 3-0 黄聖盛/江宏傑
11-6/11-5/12-10

男子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt