前の記事へ
次の記事へ
2019.01.01

モリストSPのスピードとナックルで勝利を掴め!納得の表ソフト卓球ラバー

写真:モリストSP

ニッタク社のラバー「モリストSP」は、テンション系表ソフトです。生み出されるスピードボールやナックルボールにおいて、抜群の性能を発揮するといわれます。実際、有名選手も使用しており、特に中級から上級プレーヤーに愛されています。ロングセラーであるこの「モリストSP」には、どのような特徴や性能があり、どのような選手に適しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

モリストSPとは?

伊藤美誠
写真:伊藤美誠(スターツSC) 撮影:ittfworld

モリストSPとは、ニッタク社が開発したラバーの一つです。ドイツ製で、テンション系表ソフトラバーに分類されます。ニッタク社基準で、スピード12.50、スピン7.50、スポンジ硬度は30.0というスペックです。

すでにロングセラーとなっているラバーで、公式サイトでは「超多才な表ソフト」と謳われています。その多才の詳細は後ほどご紹介しますが、スピードがある打球と共に、ナックルを活かした“強いラリー”を実現するラバーであるといえます。多才な特徴により、プレーの幅が広がることから、戦術もさまざまなパターンを立てることができます。

また、別に「モリストSP AX」というラバーもニッタク社から出ており、こちらはスピード13.00、スピンは8.50、スポンジ硬度は30.0とスピードとスピンが少しモリストSPより上回っています。モリストSPを検討する場合、このモリストSP AXとも性能を比較してみるのがよさそうです。

実際に2018年全日本選手権3冠の伊藤美誠選手も使用しているようです(2019年1月現在)。

モリストSPの特徴

モリストSPには具体的にどのような特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

●直線弾道で“シャープ球質”のスピードボールを生み出す
モリストSPは、表ソフトラバーの特徴でもある、スピードに長けているラバーです。表ソフトラバーは、表面に粒が出ているため、球離れが速く、スピードが出やすいのが特徴です。そのため、速いラリーで勝負するタイプのプレーヤーに向いています。反対に、裏ソフトは表面が平らなので摩擦力が大きく、回転をかけやすいという特徴があります。表ソフトは、裏ソフトと比べて回転量が少ないものの、相手の回転の影響も受けにくいというメリットがあります。直線的な打道とシャープな打球からは、まさにテンション系表ソフトラバーのロングセラーであることがうなずけます。

●“強いラリー”を生み出す
モリストSPは、強いラリーを生み出すことに特徴があります。その理由としては、まずナックルが自然な変化によって放たれることです。さらに、守備技術においても重宝します。それは、ブロックがしっかりと止まる性能を持つためです。これが強いラリーを生み出す由縁です。

モリストSPに向いているプレーヤー

モリストSPは、次のようなプレーヤーに向いているといわれます。

●点数を取りたいプレーヤー
メーカーの公式サイトの説明からも、とにかくラリーで得点力があることを読み取れます。特徴で述べたように、自然にナックルボールを生み出すという点からも、点数を取りたいプレーヤーにとって重宝するラバーといえます。

●中級・上級プレーヤー
使用者のレビューでも、その多才さに評価が集まっています。オールラウンド性から、自身の特徴をよく理解した中級プレーヤー以上に向いていると考えられます。プレーの幅が広がるということから、初級から中級に上がったときに使うということも一つの方法です。

まとめ

モリストSPは、“超多才”なテンション系表ソフトラバーとして、各所で評価を受けているラバーです。有名選手も実際に使用していることも、おすすめできるラバーに選ばれる理由の一つといえそうです。

文・ラリーズ編集部

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.01.17
世界
日本
女子ランキング
2019.01.17
世界
日本
SNS
FOLLOW US