【卓球】エボリューションEL-Dを徹底レビュー TIBHAR(ティバー)屈指のバランス力を誇る裏ソフトラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 【卓球】エボリューションEL-Dを徹底レビュー TIBHAR(ティバー)屈指のバランス力を誇る裏ソフトラバー

2023.02.13

卓球において重要な用具選び。その中でもラバー選びは特に重要で、「このラバーだから勝てた」という言葉が出てくるほど、勝ち負けに大きな影響を及ぼします。

しかし、現在ラバーは数えきれないほど存在し、その中からベストな一枚を選ぶのはまさに至難の業。常に試行錯誤を繰り返さなければなりません。

そこで、本記事ではそんな悩めるプレーヤーのために、数あるラバーの中から1枚をピックアップして、性能や特徴を紹介していきます。今回紹介するのは、TIBHAR(ティバー)から発売されている『エボリューション EL-D』です。

>>【卓球】エボリューションシリーズを一挙紹介 使用者が増加し続けるテンションラバーシリーズ

『エボリューション EL-D』とは?

『エボリューション EL-D』は、2022年10月にTIBHAR(ティバー)から発売されたスピン系テンションラバーです。TIBHAR(ティバー)と言えば、『エボリューション MX-P』を筆頭とするスピン系テンション裏ソフトの「エボリューション」シリーズが人気作となっています。

他にも2022年には、松平健太(ファースト)監修の『ハイブリッドMK』や、TIBHAR(ティバー)契約のトップ選手が製作に携わった『ハイブリッドK3』と中上級者に刺さるギアを発売しています。「エボリューション」シリーズは硬度や特性で様々な種類のラバーを展開していますが、『エボリューション EL-D』は一体どのようなラバーなのでしょうか。

>>【卓球】エボリューションMX-Sを徹底解剖! TIBHAR(ティバー)が誇る人気シリーズの回転最高峰ラバー

『エボリューション EL-D』の特徴

それでは『エボリューション EL-D』の特徴から見ていきましょう。

特徴➀:MX-Dに近い性能

『エボリューション EL-D』の特徴1つ目は、『エボリューション MX-D』と近い性能です。

「エボリューション」シリーズは大きく分けて、パワー型の「P」、回転系の「S」、そしてバランス型の「D」と3種類あります。そしてその3種類のそれぞれの中で、威力の最大値を引き出せる順に上から「MX」、「EL」、「FX」と3段階に分かれてシリーズが展開されています。

『エボリューション EL-D』は、威力と回転の調和の取れたバランス型で、『エボリューション MX-D』の下に位置づけられるラバーです。

特徴➁:シリーズ屈指の回転とパワーの高バランス

『エボリューション EL-D』の特徴2つ目は、シリーズ屈指の回転とパワーの高バランスです。

先述のように『エボリューション EL-D』はバランス型のラバーと言われていますが、『エボリューション MX-D』の硬度が51.5度であるのに対し『エボリューション EL-D』は46度と表記されています。

45~48度は、パワーも出しつつコントロールも意識したいプレーヤーが真価を発揮できるため、草の根プレーヤーを中心に人気のある硬さです。『エボリューション EL-D』は『エボリューション MX-D』の性能をそのままに硬度を下げたことで、威力・回転・コントロールのすべてのバランスが揃ったラバーです。

特徴➂:やや硬めな打球感

『エボリューション EL-D』の特徴3つ目は、やや硬めな打球感です。

スポンジは柔らかくなっていますが、「D」シリーズにあるトプシートの強さは健在で、打球感はやや硬めとなっています。トップシートが強いとボールが上がりやすくなり、打球に全体的な安定感が生まれます。

>>卓球・エボリューションシリーズを一挙紹介!日本でも使用者が増加し続けるテンションラバーシリーズ

『エボリューション EL-D』に向いているプレーヤー

ではどのような選手に『エボリューション EL-D』が適しているのかを見ていきましょう。

選手➀:『エボリューション MX-D』では硬すぎると感じる選手

『エボリューション EL-D』が適している選手1人目は、『エボリューション MX-D』では硬すぎると感じる選手です。

『エボリューション EL-D』は『エボリューション MX-D』の性能をそのままに硬度を下げて扱いやすくしたラバーです。『エボリューションMX-D』を使用していて硬すぎる、扱いきれない、といった選手は『エボリューション EL-D』に変えることで真価を発揮できます。

選手➁:対下回転打ちに不安が残る選手

『エボリューション EL-D』が適している選手2人目は、対下回転打ちに不安が残る選手です。

『エボリューション EL-D』はボールが上がりやすいラバーです。トップシートが強いため、擦り打ちでもミート打ちでもボールがラバーに引っかかり弧線を描くようになります。対下回転打ちでボールがネットを越えない、打球が安定しない選手は『エボリューション EL-D』を使用してみる価値がありそうです。

選手➂:どの技術を重視するか見極めたい選手

『エボリューション EL-D』が適している選手3人目は、どの技術を重視するか見極めたい選手です。

『エボリューション EL-D』は、どの技術でもそつなくこなすタイプのラバーです。そのため、全体的な安定感に富んでいますが威力の面ではそこそこといった声が挙がっています。しかし、どの技術を中心にプレーしていくかを見極めたい選手にはうってつけです。

どの技術も難なくできるが、ドライブを中心に攻めたほうがよいか、カウンターを武器にしていくか等自分の卓球を作るうえでは、『エボリューション EL-D』をステップアップ用として使用することが望ましいです。

>>卓球・グラスディーテックスを徹底分析 テンションを搭載した粒高ラバー界の異端児

『エボリューション EL-D』の寿命・重さ・厚さ

寿命

『エボリューション EL-D』の寿命は、他の裏ソフトラバーよりもやや短く、週1~2回で練習する人は3~4ヶ月、週3以上で練習する人は2ヶ月程度です。トップシートに重きを置いたラバーであるため、トップシートが劣化し始めると性能が下がる傾向があります。

厚さ

『エボリューション EL-D』の厚さは、1.9mmと2.1mmの2種類が展開されています。

重さ

『エボリューション EL-D』の重さは、2.1mmのラバーカット後で49g前後だそうです。スピン系テンション裏ソフトの中ではやや重く、両面に『エボリューション EL-D』を貼る場合は厚さを変えたり、ラケットを軽いものに変えたりする必要があります。

>>卓球・ハイブリッドK3を徹底レビュー 松平健太も虜にするTIBHAR(ティバー)の微粘着テンションラバー

まとめ:『エボリューション EL-D』で勝てる卓球を実現しよう

このように、『エボリューション EL-D』はどの技術も安定させたい中級者から自身の卓球の方向性を決めるうえでのステップアップに使用したい上級者までの望みをかなえるラバーです。『エボリューション EL-D』を一度手にして、全てのバランスが整ったラバーの打球感を味わってみませんか。

『エボリューション EL-D』の購入はこちら

激安サイト「たくつう」で買う

『エボリューション EL-D』以外のおすすめラバーはこちら!

>>【2023年最新版】卓球ラバーおすすめ50選 種類別(裏ソフト/表ソフト/粒高)ランキングも