卓球・ハイブリッドK3を徹底レビュー 松平健太も虜にするTIBHAR(ティバー)の微粘着テンションラバー | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

卓球用具紹介 卓球・ハイブリッドK3を徹底レビュー 松平健太も虜にするTIBHAR(ティバー)の微粘着テンションラバー

2022.06.12

「エボリューション」シリーズを筆頭に、日本でも使用者が増えてきているのがTIBHAR(ティバー)です。そんなTIBHAR(ティバー)から新感覚のラバーが発売されました。それが、『ハイブリッドK3』です。

今回は、『ハイブリッドK3』を徹底レビューし、TIBHAR(ティバー)の最新微粘着ラバーの性能はどのようなものか、どのような選手に適しているのかを見ていきましょう。

激安サイト「たくつう」で買う

>>松平健太、ドイツの卓球メーカー・ティバーと新規契約「もっと日本で認知されるように」

『ハイブリッドK3』とは?

『ハイブリッドK3』は、2021年12月にTIBHAR(ティバー)から発売された粘着系テンションラバーです。TIBHAR(ティバー)と言えば、スピン系テンションラバーの「エボリューション」シリーズ、ハイテンション粒高ラバーの「グラスディーテックス」シリーズが有名です。

他にも、TIBHAR(ティバー)は粘着系テンションラバーの先駆けともいわれる『ハイブリッドK1J』を発売し、プレーヤー達に驚きを与えました。スピン系テンションでは補えなかった球持ちの良さと強烈な弧線を誇るラバーとなりました。


写真:ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)/提供:WTT

そして、TIBHAR(ティバー)が満を持して発売したのがこの『ハイブリッドK3』です。東京五輪で活躍のダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)や2022年4月に契約を発表した松平健太(ファースト)も愛用する『ハイブリッドK3』の特徴について詳しく見ていきましょう。

>>ハイブリッドK1Jの魅力徹底レビュー 重さや寿命も<卓球ラバー>

『ハイブリッドK3』の特徴

パワーヒッターも唸る53度の硬さ

『ハイブリッドK3』の硬度は53度と硬めです。同系統の『ハイブリッドK1J』は52.5度であり、それよりも硬くなっています。粘着テンションラバーという事もあり、粘着らしいクセ球が出しやすくなっています。

強烈な弧線と高反発のハイブリッド

『ハイブリッドK3』は粘着テンションラバーであるため、粘着ラバーの良さである強烈な弧線とテンションラバーの良さである反発の高さをかけ合わせたラバーです。

この2つの特徴は両立することが難しいですが、『ハイブリッドK3』はこの2つのバランスをハイレベルまで高めた高性能ラバーです。

感覚はテンション、打球は粘着寄り?

『ハイブリッドK3』を使用している選手のレビューでは、スピードが出る、後陣でのプレーもやりやすい、とテンションラバーに近い感覚で打てるとの声が多いです。

一方で、下回転に対するドライブが打ちやすい、ドライブの回転量が多い、クセ球が出やすい、というように、粘着ラバー独特の打球を生み出すことができます。

『ハイブリッドK3』はハードスポンジを搭載しながらもトップシートは打球感覚の持ちやすいものを採用しているため、テンションラバーのような扱いやすさがありながら粘着ラバーのような打球を放つことができます。

>>卓球・エボリューションMX-Dを徹底分析 回転とパワーを兼ね備えたハイブリッドラバー

『ハイブリッドK3』の重さ・寿命は?

『ハイブリッドK3』の厚さMAXをラケットに貼った際の重量は49g前後で、TIBHAR(ティバー)の人気ラバー『エボリューションMX-P』よりも1~2g軽くなっていますが、重量級のラバーに分類されます。

『ハイブリッドK3』はトップシートに粘着成分を含んでいますが、テンションラバーに近い要素を持っているためコストパフォーマンスは良いとされています。

従来の粘着ラバーであれば、粘着成分によってラバーの寿命は短いとされていますが、『ハイブリッドK3』は微粘着性であるため、手入れを十分に行うことで一般的な粘着ラバーよりも長く良い状態を保つことができます。

そのため、比較的に寿命は長く保てると言えます。

『ハイブリッドK3』に向いているプレーヤー

ではどのような選手に『ハイブリッドK3』が適しているのかを見ていきましょう。

粘着ラバーに反発力を求める選手

これまで粘着ラバーを使用してきて、スピードに満足できなかった選手、プレー領域の狭さに悩んでいた選手は『ハイブリッドK3』を使用することで、高スピンとスピードの両立が可能となります。

また、反発力が高まったことで中陣や後陣でも他のプレーヤーに引けを取らずにプレーすることができるようになります。粘着らしさを残したい選手に『ハイブリッドK3』はおすすめです。

テンションラバーに回転量やクセ球を求める選手

これまでテンションラバーを使用していて、回転量に物足りなさを感じていたり、クセ球が出せずに点が取れなかったりしていた選手には『ハイブリッドK3』が適しています。

『ハイブリッドK3』は、テンションのようなスピード感と扱いやすさに加えて、粘着ラバーのような高回転やクセ球が出しやすくなり、得点の取りやすさが上がります。

硬いラバーをコントロールできる選手

『ハイブリッドK3』は戦術の通り硬めのラバーです。そのため、硬いラバーを扱える選手でないとその能力を最大限に発揮することは難しいです。

スイングスピードのある選手、インパクトが強い選手は『ハイブリッドK3』を使用してプレーの多彩さを生み出すことができるでしょう。

>>卓球・エボリューションシリーズを一挙紹介!日本でも使用者が増加し続けるテンションラバーシリーズ

まとめ

いかがでしたでしょうか。粘着テンションラバーの中でもトップクラスの性能を誇る『ハイブリッドK3』を使用して、その威力を体感してみてください。

『ハイブリッドK3』の購入はこちら

激安サイト「たくつう」で買う

他のおすすめラバーはこちら!

>>卓球・おすすめ裏ソフトラバー30選 メーカー別一覧【最新版】

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt