監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

野田学園〜法政大学で活躍した鹿屋選手。インターハイ3位の実績を持つパワフルな選手です。安定した両ハンドドライブを持ち、攻守のバランスの良さを備えた好選手です。

バック面イボ高を使うカット主戦の岡田選手。粘るカットとフォアクロスはドライブで対抗していく運動量の豊富な選手です。

見どころ

安定したフォアドライブを持つ鹿屋選手に対し、岡田選手はどう得点を取っていくのか。注目の一試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム5対5の場面です。
第1ゲームは鹿屋選手に押された岡田選手ですが、第2ゲーム序盤からミスが少なくなり、鹿屋選手もツッツキでつなぐ場面が多くなります。
この場面で鹿屋選手は「切れたカットで返されるバックサイド」よりも「ドライブ対ドライブに持ち込めるフォアサイド」にボールを集め始めます。岡田選手も2本3本と対応しますが、最後に球威に押されてオーバーミスをしてしまいます。第2ゲームを取っていればもつれた試合になっていたと思いますので、ここは鹿屋選手の戦術が流石だったと言えます。

板垣’S EYE

第2ゲームを取ってから鹿屋選手が落ち着いてカットを攻略しました。粘るドライブ、高い打球点でのドライブ、打たせてのバックブロックと教書通りのカット攻略でした。

岡田選手も大健闘だったと思います。攻撃力もあるだけにサーブレシーブに磨きをかければもっと善戦できる可能性があると思います。

試合情報

大会名:
選手名:
大会種別:団体戦、シングルス、国内、一般
試合結果:鹿屋3-0岡田

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう