監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

森薗選手は、チキータレシーブからの高速バックハンドでラリーの主導権を取り、フォアハンドでトドメを刺す卓球スタイル。特にフォアハンドでの連打は打球点が早く、一度ボールを捕まえたら得点するまで打ち切れる高速フットワークは、森薗スタイルを支える大きな武器です。

大塚選手は卓球界の超名門である石田卓球クラブからエリートアカデミーに進み活躍した好選手です。攻守バランスのとれたバックハンドと広角に打ち分けられるフォアドライブは魅力十分です。切れ味鋭い両ハンドドライブに注目です。

見どころ

同い年の両選手は幼い頃から何度も全国の舞台で対戦しています。大塚選手も全日本カデットでは森薗選手を敗るなど「対森薗」を知り尽くした選手です。ライバル同士の勝敗の行方は…

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。

第2ゲーム3対3で放った森薗選手のチキータです。

このチキータは、それまでのチキータと異なり「しっかりボールを掴んで納得のいく回転」のチキータです。得点後の森薗選手の表情が自信を物語っています。ここまでチキータを狙われたりと得点に結びつかなかった場面もありますが、この後はチキータからの展開ではほとんど有利に立ち、また、「チキータは自信があるからロングサーブを待とう」という気持ちの余裕も生まれています。
第1ゲームジュース、第2ゲームも序盤は五分でしたが、このチキータから試合終了まで森薗選手が終始、試合の主導権を握ることになりましたs。

板垣’S EYE

常に僅差であった両者の試合は2ゲーム中盤から森薗選手がスパートに成功しました。チキータレシーブからの展開、ストップレシーブからの展開と「自分の得点パターン」に自信を持った森薗選手が終始リードを保ちました。

敗れたとはいえ大塚選手の両ハンド攻撃は得点能力十分です。過去に効いていたサーブを森薗選手に待たれた感はありますが、細かい技術でのミスがなければ最後まで接戦になった試合と言えます。ライバル選手同士の切磋琢磨がお互いを大きく成長させてくれると思います。

試合情報

大会名:平成29年度春季 関東学生卓球リーグ戦 第3戦 男子 明治大 対 日本大
選手名:森薗政崇(明治大) 対 大塚大寛(日本大)
大会種別:団体戦、シングルス、国内、関東学生リーグ
試合結果:森薗3-0大塚
フルバージョン動画はコチラ

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう