監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

藤井選手はYGサーブからバックドライブで先手を取り、フォアハンドでトドメを刺していくタイプ。ボールに対する判断が早いため、動き出すテンポがとても良い選手です。

対する村井選手は法政大学の主力選手として関東学生で大活躍した選手です。トリッキーなプレーもありますが、要所要所では基本に忠実な戦い方をする所は流石です。「ボールを自在に操りながら相手のストライクゾーンを外していく」日本選手には珍しいプレースタイルです。

見どころ

トリッキーな村井選手のボールに対しパワーヒッターの藤井選手がどのように対応するか興味深い一戦です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第3ゲーム村井選手5対4の場面でのレシーブからの4球目攻撃

ここまでトリッキーなプレーで得点を重ねていた村井選手ですが、この場面ではしっかり攻めていこうというレシーブの構えに入ります。ところが藤井選手のサーブがフォア前に小さくくるため判断が一瞬遅れます。

この遅れてしまった時のレシーブは切ったりストップをするとレシーブで直接ミスをする可能性がありますが、村井選手はナックル性のフリックでレシーブし、すぐに台から距離を取り豪快なフォアドライブを打ち込みます。

こういった戦い方の基本を知り尽くしているからこそ、独特なプレーも生きてくると思います。

板垣’S EYE

村井選手は合計5本のフォルトを取られますが、ありとあらゆるサーブを出して試合を組み立てました。藤井選手は横回転のツッツキや緩急のついたボールにややミスを誘われてしまいましたがゲーム後半はしっかり対応していたので第3ゲームを取れば接戦になっていたと思います。

試合情報

大会名:2017東京卓球選手権 男子シングルス1回戦
選手名:村井桂(法政大)vs藤井滉大(夕凪クラブ)
大会種別:個人戦、シングルス、国内
試合結果:3-0
フルバージョン動画はコチラ

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう