【今日の1試合】右利き同士でも勝てる 「大矢が前・王が後ろ」の東京アートペアが「左右のW髙橋」を制す|卓球動画 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
MOVIE
動画
2017.10.02

【今日の1試合】右利き同士でも勝てる 「大矢が前・王が後ろ」の東京アートペアが「左右のW髙橋」を制す|卓球動画

監修:板垣孝司(TSVクニックスホーフェン ヘッドコーチ、シェークハンズGM

両選手の特徴

右右のペアですが、大矢選手が前陣・王選手が中陣でプレーするため、長いラリーでもお互いの位置が重ならずペアリングの良さを発揮しています。
両選手ともに実力十分の両ハンドを備えた好ペアーです。

右利きの高橋徹選手・左利きの高橋拓己選手のペアーは左利きの高橋拓己選手が台上で先手を取り、大きなラリーに持って行く展開が得意です。中陣でもボールの威力があるため社会人ペアー相手にも互角の試合を展開します。

見どころ

4人ともに両ハンド攻守を持ち合わせているので、その中で、最後にどこにボールを持って行くかが勝負の分かれ目になります。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第4ゲーム東京アート8対7での王選手のレシーブ。

第3ゲームから中央大学ペアーが先手を取る回数が増え、動きが良くなります。第4ゲームも取れれば勝敗がどちらに転ぶかわからなくなるという場面。

第3ゲーム東京アート8対6で王選手がストップレシーブをミス。次の一点が勝負です。

ここでは右利きの高橋徹選手のバックへ深く切ったツッツキレシーブを選択します。

このボールに対し、高橋徹選手は回り込みますが、やや打球点が落ちてしまいます。このドライブをすかさず大矢選手がカウンタードライブで狙い打ちます。

第3ゲーム東京アート4対3で王選手の切ったレシーブに対し、高橋徹選手がバックドライブをミスしているので、この場面では回り込んで持ち上げてくると予測した大矢選手の相手を見抜く目は流石です。

板垣’S EYE

中央大学ペアーの動きは凄く良いです。社会人相手に勝つまでには及びませんでしたが、先手を取れれば互角の展開に持ち込めるので、細かい技術を磨けば大活躍できるペアリングの良さを持っていると思います。

試合情報

大会名:2017東京卓球選手権 男子ダブルス 6回戦
選手名:高橋拓己・高橋徹(中央大)vs大矢英俊・王凱 (東京アート)
大会種別:個人戦、ダブルス、国内
試合結果:大矢・王3-1髙橋・髙橋
フルバージョン動画はコチラ

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

コメント
0
男子ランキング
2019.03.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.03.26
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15699 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US